妊娠初期症状

2016/07/19

妊娠初期症状で腹痛が起こる3つの原因

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠初期症状で腹痛が起こる3つの原因

妊娠が成立すると、子宮では胎児を育てる準備に入るためさまざまな体調の変化が現れるようになります。ここでは、妊娠初期症状で腹痛が起こる原因をご紹介します。

理由(1)妊娠によるホルモンバランスの変化

妊娠初期症状で腹痛が起こる一つ目の理由は、妊娠によるホルモンバランスの変化です。生理や妊娠といった変化に応じて、複数のホルモンバランスが変化します。特に妊娠初期には、以下のようなホルモン物質が多く分泌されます。

・hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
・エストロゲン
・プロゲステロン

これらのホルモンは、腸の機能に影響を与えるといわれています。ホルモンバランスが崩れると腸の機能が弱くなり、下痢や便秘、腹痛といった症状が起こりやすくなります。部位としては、下腹部に痛みが現れます。また、腸は第二の脳と呼ばれ精神面の影響を大きく受ける臓器です。ストレスを抱えている人は症状が悪化しやすいため、注意しましょう。妊娠が分かったら激しい運動や長時間動労は控え、リラックス出来る時間をなるべく多く持つ事が大切です。

理由(2)子宮の収縮や子宮内の筋肉の伸びによるもの

妊娠初期症状で腹痛が起こる二つ目の理由は、子宮の収縮や子宮内の筋肉の伸びによるものです。受精卵が無事に着床すると、子宮は受精卵を育てる準備に入ります。その際に子宮内が収縮を繰り返すため、この動きで腹痛を感じる場合があります。また、胎児が成長するにつれて子宮内は押し広げられるように大きくなり、子宮の筋肉が伸びることから子宮周辺の靭帯や子宮広間膜にも痛みが拡がる場合があります。妊娠初期症状の腹痛には以下のような特徴があります。

・チクチクするような痛み
・締め付けられるような痛み
・引っ張られるような痛み

理由(3)着床痛によるもの

妊娠初期症状で腹痛が起こる三つ目の理由は、着床痛によるものです。妊娠は受精卵が子宮内の壁に着床することで成立します。この着床が原因で腹痛を感じる場合があり、これを着床痛と呼びます。着床が起こるタイミングは、排卵日から数日間です。そのため、だいたい生理予定日1週間前から腹痛を感じる場合があります。また、着床後におりものが茶色く変化したり、少量の不正出血がみられた場合は妊娠初期症状の可能性があります。ただし、体調の変化によっておりものは変化しやすいため、目安の一つとして捉えておきましょう。
着床の時期を正確に特定することは難しいですが、排卵日を予測することである程度把握できます。排卵日を知るには、基礎体温をつけることをおすすめします。基礎体温はホルモンバランスの変化によって変わるとともに、生理周期に合わせたサイクルを持っています。妊娠すると高温期が3週間以上続くため、毎日基礎体温をつけることで妊娠に気付きやすくなります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加