妊娠初期症状

妊娠初期症状で見られるおりものの特徴について

妊娠初期にはさまざまな身体の変化が起こります。その中でも特に多くの女性に現れるのが、おりものの変化です。おりものは妊娠や異常に気付くサインでもあります。ここでは、妊娠初期症状に見られるおりものの特徴をご紹介します。

おりものは妊娠後のホルモンバランスで変化する

おりものは、膣や子宮といった女性器からの分泌液が集合してできたものです。おりものが少量で自覚が無い方もいますが、おりものには以下のような重要な働きがあります。

・膣に雑菌が侵入するのを防ぐ
・膣内の乾燥を防ぐ
・卵子の受精をサポートする

妊娠すると胎児を育てる準備に入るため、ホルモンバランスが大きく変化します。そのため、おりものもいつもと違った様子に変わりやすくなります。

妊娠初期症状で見られるおりものの変化は千差万別

では、妊娠初期症状で見られるおりものにはどのような特徴があるのでしょうか?実際には以下のようなさまざまな変化が現れると言われていますが、どれに当てはまるかは個人差が大きいと言えます。中には全く症状を感じない、症状が無い人もいます。

・色:白、透明、茶色
・形:水っぽい、粘り気がある
・臭い:臭いが強くなる、酸っぱい臭いがする

おりものは生理周期によって変化するため、上記のような変化が生理前になると毎月現れる人もいます。いつもと違った変化が見られた場合は、妊娠のサインかもしれません。サインに気付くためには、日頃からおりものの状態をチェックしていることが大切です。

体調に合わせて変化しやすいおりもの

さらに、おりものは生理周期に関係なく体調によっても変化することがあります。何らかの疾患にかかっていたり細菌が膣内に侵入すると、異物を外に排出しようとしておりものが増えることがあります。また、性交渉による性病の感染でもおりものの変化がよく見られます。妊娠初期症状かどうかを見分けるには、このような妊娠以外の可能性にも注意しておきましょう。
妊娠初期には、以下のような風邪に似た症状が出ることがあります。当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

・イライラや情緒不安定
・疲れやすい・下痢、便秘
・不正出血
・熱っぽい
・味覚や嗅覚が変わる
・肌荒れ
・胸が張る、胸が痛い
・腰痛
・倦怠感
・頭痛
・日中でも極端に眠くなる
・下腹部痛

これらの症状で気をつけたいのがPMS(月経前症候群)に似ているということです。PMSは生理前に起こるさまざまな体調不良の総称です。症状が現れる時期も近いため、違いを見分けづらいです。妊娠したかどうかはきちんと検査をして判断しましょう。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事