妊娠初期の腹痛 

妊娠初期に起こりやすい下痢や腹痛の原因と対処法は

妊娠初期症状の1つに腹痛が挙げられます。これは、妊娠することで便秘や下痢になりやすくなるためですが、あまりにも激しい痛みの場合は注意が必要です。ここでは、下痢や腹痛が起きた場合の注意点について解説していきます。

妊娠初期に腹痛が起こる原因は?

妊娠初期に下痢や便秘になるのは、女性ホルモンが影響してます。妊娠が成立すると、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えます。プロゲステロンの働きによって、栄養や水分が身体に蓄積されるため、代謝が低下して便秘や下痢が引き起こされると言われています。

また、妊娠初期にはつわりが起こることもあり、食べる物に偏りが出るため下痢になりやすいとも考えられます。更に、妊娠することで身体が冷えやすくなるので、下痢が引き起こされる場合もあります。ショウガや味噌など身体を温める作用がある調味料を積極的に使用したり、温かい飲み物を飲むとよいでしょう。また、腹巻や靴下で身体の外から温めるのも効果的です。

精神的なストレスや服薬も関係している

妊娠によってホルモンバランスが崩れることで、自律神経が乱れます。それにより、寝不足などストレスの原因となる状態になり、ストレスが溜ることで下痢になることがあります。また、鉄剤を服用している貧血気味の方も下痢や便秘になりやすいと言われています。

ただの下痢で流産する可能性はほとんどない

妊娠初期に下痢が続くと、流産になる恐れがあると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、実際には下痢が原因で流産することはほとんどありません。しかし、食中毒のようにひどい腹痛や嘔吐がある時は受診をおすすめします。胎児にどのような影響を与えるのかわからないので、安易に市販の薬を飲んではいけません。

また、下痢だけではなく出血がみられた場合は切迫流産の可能性があります。横になって安静にしていれば治まることがほとんどですが、念のために受診しておいた方がよいでしょう。

まとめ

妊娠初期には、つわりによる偏食や冷え、代謝の低下などによって下痢や便秘がちになり、毎日のように腹痛が起こることもあります。食中毒などで激しい痛みと下痢に襲われた場合は、受診することをおすすめします。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事