妊娠初期の腹痛 

2016/07/19

出血を伴う場合は注意!妊娠初期に起こる腹痛の種類

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

出血を伴う場合は注意!妊娠初期に起こる腹痛の種類

妊娠初期には様々な原因で腹痛が起こることがあります。チクチクする痛みであったり、出血を伴うなど通常の腹痛とは異なります。今回は、妊娠初期に起こる腹痛の種類について解説していきます。

腹痛を感じる原因は着床や子宮の成長

受精卵が子宮内に着床する際に、子宮の壁を傷つけることがあります。その時にチクチクとした腹痛を感じることがあります。また、子宮の壁が傷つくことで出血が起こることもあります。着床は生理予定日の約1週間前に起こります。着床することで妊娠が成立すると、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの分泌量が増えます。それにより、子宮が成長して引っ張られるような痛みを感じることがあります。

出血を伴う腹痛は流産のサインかも

生理痛や突っ張ったような痛みの場合は、基本的に心配ありません。しかし、締め付けられるような痛みや、ズキズキとした痛みの場合は注意が必要です。特に、出血を伴い強く痛む場合は流産の可能性があるため、早急に受診することをおすすめします。
子宮外妊娠でも出血を伴う腹痛がみられます。子宮外妊娠とは、子宮以外の場所で受精卵が育っている状態のことで、放置すると卵管が破裂し、大量出血を起こすことがあります。命にも関わることですので、出血量が増えてきたり痛みが強くなる場合はすぐに受診してください。

便秘が原因で肛門が切れることがある

プロゲステロンの影響を受けて代謝が低下し、便秘がちになります。便秘によって硬い便が出ると、肛門が傷つき出血する場合があり、それを着床出血や流産による出血と勘違いする可能ことがあります。出血しても慌てずに、まずは色や性状を確認しましょう。肛門が傷ついた場合は鮮血であることが特徴です。茶色の血液は体内からの出血と考えられます。

まとめ

妊娠初期には、着床痛や子宮の成長など様々な原因で腹痛が起こります。出血を伴う腹痛が起こった場合に、流産を心配される方もいらっしゃいます。生理予定日の約1週間前に起こった場合は着床によるものと考えてよいでしょう。出血を伴うズキズキとした痛みが現れた場合は注意が必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加