妊娠初期の出血 

2016/07/19

妊娠初期に見られる出血。鮮血が出る原因とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠初期に見られる出血。鮮血が出る原因とは?

妊娠初期に出血を伴う原因にはさまざまな理由が考えられますが、鮮血が出るときは特に注意が必要です。では妊娠初期の出血の原因は何なのでしょうか。今回は妊娠初期の出血で鮮血が出る原因についてご紹介します。

妊娠初期に鮮血が出た場合は要注意

鮮血やピンク色や赤色のおりものが出るということは、まだ出血して時間が経っていないことを意味しています。特に安定期に入っておらず、流産などのリスクが高い妊娠初期に鮮血が出た場合は注意が必要です。

妊娠初期に見られる出血の主な原因

妊娠初期に見られる出血で1番気を付けたいのは流産です。妊娠初期の流産はそのほとんどが赤ちゃんの染色体異常が原因だといわれており、この場合は流産を止めることはできません。しかし、中には切迫流産の可能性もあり、早めに発見することで妊娠を継続できる可能性があります。

次に考えられる原因として挙げられるのは、子宮外妊娠です。子宮以外の場所で赤ちゃんが成長してしまう子宮外妊娠は、妊娠検査薬を使用しても陽性反応が出るため、初期段階で気付くのはとても難しいといわれています。しかし、鮮血が出たことが子宮外妊娠に気づくきっかけになる場合もあります。

また、子宮頸管ポリープや子宮筋腫などの病気にかかっている場合にも鮮血が出ることがあります。妊娠の継続に関わる恐れがあるので注意が必要です。

身体の変化によって出血している場合もある

妊娠初期に鮮血が出る原因として考えられるのは着床出血です。着床出血は個人差があるため、妊娠したか人全員に出る症状ではありません。症状がみられる場合は、妊娠した直後、生理予定日頃に少量の出血が見られます。 しばらく経つと、妊婦さんの胎盤や子宮は、赤ちゃんの成長に合わせてだんだん大きくなっていきます。しかしこれらはどれも均一に成長していくわけではないため、成長スピードにずれが生じると胎盤が剥がれ、妊娠初期に鮮血の出血を伴う場合があります。

妊婦さんの膣内や子宮口は妊娠前に比べるととてもデリケートなため、病院での内診やエコーを行う際に少しの刺激が加わるだけで出血してしまうこともあります。

これらの出血は妊娠によって身体に起こる変化が原因のため、すぐに治まるようであれば心配はいりません。しかし、痛みを伴う場合や出血が治まらない場合は、他の原因も考えられるためかかりつけの医師に相談しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加