妊娠初期の出血 

2016/07/19

妊娠初期に出血が!茶色い血が出る原因とは

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠初期に出血が!茶色い血が出る原因とは

妊娠初期の出血と聞くと、流産などのリスクを考えドキッとしてしまう妊婦さんは多いのではないでしょうか。実は妊娠初期の出血には危険性のあるものとそうでないものがあります。今回は妊娠初期に起こる茶色い出血の主な原因について解説します。

茶色い血が出たからといって危険な状態とはいいきれない

妊娠初期は妊娠期間の中で比較的出血が起きやすい時期といわれています。このときの出血が赤い鮮血ならば、まさにそのとき出血していることを意味するため、特に注意が必要です。茶色に変色した血が出ている場合は過去に体内で生じた出血が時間を経て出ているため、流産の心配はほぼないといわれています。

茶色い血が出る主な理由

妊娠初期に茶色い血が出る理由として最も多いのは、絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)と呼ばれるものです。絨毛膜下血腫は、絨毛膜という場所に血液が溜まった状態のことをいいます。胎盤を作るときに子宮内膜の血管が切れ、絨毛膜に溜まった血液が時間をかけて体外に排出されるため、茶色く変色した出血が見られます。

絨毛膜下血腫はほとんどの場合、安静にすることで症状が治まるといわれています。しかし、エコーなどで異常が見られた場合には入院することもあります。出血量が多い場合や長期間に及ぶ場合、安静にしていても症状が治まらないときはかかりつけの医師に相談しましょう。

腹痛などを伴っている場合は早めの受診を

茶色の出血がある場合流産のリスクは低いものの、その危険性が全くないとは言い切れません。安静にしても出血が止まらない、つわりがなくなった、頭痛や腹痛などの症状が併発している場合は、流産や子宮外妊娠をはじめとした危険があるため注意が必要です。

妊娠初期に起きる流産の多くは、赤ちゃんの染色体異常が原因のため、防ぐことができないことがほとんどです。しかし、切迫流産の状態で発見できれば妊娠を継続できる可能性もあります。 子宮外妊娠の場合は、発見が遅れると卵管が破裂する可能性があり、赤ちゃんだけでなく妊婦さんの身体に危険が及ぶこともあります。いずれにせよ早期の発見が何より大切ですので、少しでも身体に違和感がある方は、一度かかりつけの医師に相談することをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加