妊娠初期の出血 

妊娠初期の出血は少量でも危険なの?

妊娠初期は出血を伴うことが多いですが、出血の原因にはさまざまなものがあり、場合によっては注意が必要なこともあります。今回は妊娠初期に見られる出血の原因について解説します。

妊娠初期に見られる出血

妊娠し、赤ちゃんを迎える準備を始めると、妊婦さんの身体はデリケートな状態になるためちょっとしたことでも出血しやすくなります。少量の出血があったからといって、すぐに危険を伴うわけではありません。しかし、腹痛が伴う場合は、注意が必要な場合もあります。少量の出血が実は危険を知らせるサインだった、ということもあるため、出血が見られた場合はかかりつけの病院を受診することをおすすめします。

身体の変化に伴って現れる出血

妊娠初期に見られる少量の出血の原因として、はじめに挙げられるのが着床出血です。着床出血は症状が現れたとしてもごくわずかな出血で、症状が現れない場合も多いといいます。症状が現れる時期は、妊娠した直後の生理予定日頃です。

次に考えられるのは絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)です。絨毛膜下血腫は胎盤を作るときに子宮内膜の血管が切れ、絨毛膜に血液が溜まることで起こります。絨毛膜下血腫は切迫流産の一種ですが、ほとんどの場合安静にすることで症状が治まるといわれています。

また、病院での内診やエコーを行う際、少しの刺激が加わるだけで子宮口や膣部から出血してしたり、便秘によって肛門裂傷を起こし、出血することもあります。

少量の出血は危険を知らせてくれるサインの場合も

妊娠初期に見られる少量の出血は、流産や子宮外妊娠を知らせてくれる大事なサインである場合もあります。妊娠初期の流産はそのほとんどが母体に原因があるわけではないため、防ぐことができないと考えらえていますが、中には早めに発見することで妊娠を継続できる場合もあります。また、子宮外妊娠は何より早期発見が大切です。

また、妊娠によって症状が現れるわけではありませんが、子宮頸管ポリープや子宮筋腫などの婦人科系の病気にかかっている場合も出血を伴うことがあります。放っておくと妊娠の継続に関わる恐れがあるため、注意が必要です。

妊娠初期の出血は少量であれば問題ないことも多いですが、危険を知らせているサインの場合もあるので、出血が見られた場合はかかりつけの病院を受診することをおすすめします。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事