妊娠初期の出血 

2016/07/19

妊娠初期に出血や腹痛が見られた時の対処法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠初期に出血や腹痛が見られた時の対処法

妊娠初期に出血や腹痛などの症状が出ると、どうしても不安になってしまいますよね。しかし、これらの症状は妊娠初期にはよく見られるもので、病院に行くほどの緊急性がない場合もあります。今回は妊娠初期の出血や腹痛の対処方法について解説します。

緊急性のない出血は自宅で様子を見よう

妊娠初期には出血や腹痛を伴うことがあるといわれています。おりものにピンク色、赤色、茶色っぽい出血が混じるのは正常な妊娠の場合でも約25%の妊婦さんが経験するため、あまり心配することはないそうです。

これらの場合は出血が直接的な原因となって流産することはあまり考えられません。まずは身体に負担をかけることはせず、自宅で安静にするよう心がけましょう。

腹痛も軽度なものは様子見でOK

妊娠初期によく見られるのが腹痛です。卵巣のあたりが張っているように感じられるなどの症状は、妊娠初期に感じる腹痛の中でもごく軽症な部類に入ります。これらの症状は継続的に続く場合もありますが、少し様子を見ても構わないそうです。

症状が治まらない場合は医師に相談を

妊娠初期に見られる出血や腹痛は妊娠の過程で起こりやすい症状のため、自宅で安静にするように言われることが多いそうです。

しかし、安静にしていても症状の改善が見られない場合や、出血量が多い場合、腹痛の痛みが激しい場合は、注意が必要です。このような症状が出ている場合はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

自分の身体でも緊急性のあるものなのかどうかはなかなか判断できないと思いますので、気になる症状が出た場合は、まず電話で相談してみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加