妊娠初期の出血 

妊娠初期に生理みたいな出血が起きた場合の原因と対処法

妊娠しているはずなのに生理みたいな出血が起きることがあります。これを生理様出血と呼んでいます。今回は妊娠初期に見られる生理様出血が起きる原因と対処法についてご紹介します。

妊娠しているのに生理みたいな出血が起きる生理様出血

妊娠初期の出血は珍しいことではなく、約25%の妊婦さんが経験しているといわれています。このうち、生理のような出血のことを生理様出血(せいりようしゅっけつ)と呼んでいます。着床出血という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、この生理様出血は着床出血と同じ症状が現れます。
生理様出血は通常の生理と比較すると出血の量が少なく、出血が続く期間も2、3日と症状が軽いことが特徴です。また、通常の生理より血の色が薄く、おりものと混ざって排出されることもあります。

生理様出血が起こるメカニズム

生理みたいな出血が起きる生理様出血は、妊娠が成立した後にも関わらず、生理予定日付近に症状が現れます。この症状が現れる原因として、受精卵が子宮内膜に潜り込む際に刺激が加わり出血が起こると考えられます。

このように、生理様出血が起きる原因は2つあると考えられていますが、そのほとんどが着床の際に起きるものという説が一般的なようです。生理様出血は個人差があり、全く症状が現れない人もいます。正常妊娠でも現れ得る症状ですので、過度に心配する必要はないといわれています。

病院に行く前に症状をチェックしておこう

生理様出血の症状はその名前の通り生理とよく似ているため、出血だけで妊娠しているかどうかを見極めるのはとても難しいそうです。

妊娠初期に起きる出血には生理様出血以外にも、流産や、子宮外妊娠など、緊急処置が必要な場合も考えられます。妊娠に心当たりがある場合は、生理予定日から1週間ほど経ってから妊娠検査薬を使用するか、病院を受診することをおすすめします。

病院を受診する場合は、産婦人科に行くことになります。問診では、出血量、血の色、出血した際に血の塊も一緒に出ていたか、下腹部に痛みやお腹全体に張りがあるかを聞かれます。病院に行く前にこれらの項目をチェックしておくと、病院でスムーズに話を進めることができるのでおすすめです。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事