妊娠初期とおりもの 

妊娠初期の黄色いおりものの見分け方

妊娠初期の体調変化のひとつに「おりものの変化」があります。妊娠初期におりものが増えたり黄色くなるのはなぜでしょうか。ここでは、正常なおりものと妊娠初期のおりものの違いや、注意が必要な黄色いおりものについて説明します。

妊娠初期はおりものの状態も変化する

妊娠初期は体調が変化しやすい時期ですが、おりものの量や色、ニオイがいつもと違うと感じる人も多いようです。妊娠するとホルモンバランスが大きく変化し、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが大量に分泌されます。そうすると子宮頸管の分泌物が増え、おりものがいつもより増えます。そのため、妊娠初期のおりものの量の増加は過度に心配する必要はないでしょう。

おりものの色については、少し気をつける必要があります。個人差はありますが、正常なおりものは透明〜やや白濁した状態で、下着やおりものシートなどに付着して乾くと黄色く変色します。性状は水っぽくサラサラしており、やや酸っぱいニオイがします。

また、ストレスや過労などの影響で淡い黄色のおりものが分泌されることがありますが、これは免疫力の低下によって細菌が一時的に増えたことが要因と考えられます。悪臭がしなければ特に問題ありません。

黄色いおりもので注意を要するケース

妊娠初期の黄色いおりものには、注意が必要なものもあります。

・腐ったような異臭がする
・細かい泡のようなものが混じっている
・陰部にかゆみや痛みがある

上記に当てはまる場合は性交などで感染するトリコモナス膣炎かもしれません。泡立ちはなくサラっとしていて魚が腐ったようなニオイの黄色いおりものは、免疫力の低下などにより膣内でカビや雑菌が繁殖する細菌性膣症の可能性も考えられます。

また、黄色いおりものの量が増えて発熱・下腹部痛が見られる場合は、子宮内膜炎や卵管炎のおそれもあるため気をつけましょう。

妊娠初期にこのような症状を放置すると流産のリスクを高める原因にもなるため、日ごろからおりものの状態をチェックして異常を感じたらすみやかに医師に診てもらってください。

まとめ

おりものは膣内の状態を酸性に保ってうるおいを与え、細菌などの侵入を阻止する自浄作用の役割があります。また、性交渉や妊娠しやすい状態をつくるために欠かせないものなので、妊娠初期におりものの量がいつもより増える程度であれば問題はないでしょう。ただし、黄色いおりものが増えて異臭がしたり、かゆみや痛みを伴う場合は何らかの異常が考えられるため早めに医師に診てもらうことが大切です。 おりものは体調のバロメーターとも言われるので、日ごろからおりものの状態をチェックして体のサインにいち早く気づきましょう。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事