妊娠初期とおりもの 

着床出血の可能性も・・・妊娠初期のおりものの色をチェックしよう

妊娠初期はデリケートな時期なので、ちょっとした体調の変化でも気になります。妊娠初期はおりものの色や量が変化しやすい時期でもあります。ここでは、おりものの役割などの基礎知識をはじめ、妊娠初期に気をつけたいおりものの色や性状について説明します。

妊娠初期はおりものの色が変わることがある

妊娠初期はおりものの量が増えますが、色が変化しやすい時期でもあります。
おりものは通常生理周期や体調などの影響で増えたり減ったりし、色やニオイの性状も変化します。このような変化が見られるのは、おりものに自浄作用が備わっているためです。

おりものとは、膣や子宮頸管の分泌物や代謝による垢などが混じった物質。つまり、膣や子宮の不要なものを排出し健全な環境を保っているのです。
正常なおりものの色は無色透明または乳白色で、水っぽくサラサラした状態かやや粘り気があることも。おりものには細菌が膣内に侵入するのを防ぐ役割があるため、心身の疲れなどで免疫力が低下していると、増えた雑菌を排出するため白血球や細菌などが混入して一時的に色が変わりやすい性質があります。

ただし、妊娠初期の黄色いおりものは着床と関連していることもあります。妊娠が成立したことを示す着床が起きると、黄体ホルモンの分泌量が増えます。黄体ホルモンはおりものを黄色く変化させやすいため、「黄色いおりものが増えたと思ったら妊娠していた」というケースもあります。

茶色いおりものは着床出血の可能性も

妊娠初期のおりもので気をつけたいのは茶色・茶褐色のおりものです。茶色っぽいおりものは血が混じっている可能性が高く、赤い血が酸化して茶色くなっているのかもしれません。妊娠初期の出血は不安になると思いますが、少量の血が混入した茶色いおりものは「着床出血」と呼ばれるケースが多く、ほとんどの場合は心配いりません。

着床出血は鮮血の場合もありますが、ごく少量のことがほとんどです。しかし、生理予定日と重なるため妊娠に気がつないことがあります。妊娠の心あたりがある場合は、市販の妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

細菌感染や病気の可能性があるおりもの

この他、妊娠初期のおりもので次のような色・性状が見られる場合は細菌感染や病気の可能性があるため要注意です。

・白くて酒粕のようにボロボロしている:カンジダ膣炎・頸管炎
・黄色っぽく泡が混じっていてニオイがきつい:トリコモナス膣炎
・緑色で下腹部痛がある:クラミジア感染症
・茶褐色で悪臭がする:子宮頸がん・子宮体がん
・黄色や灰色っぽくさらっとして悪臭がする:細菌性膣症

妊娠初期の黄色や茶色のおりものでも注意したほうがよいケースもあります。「異臭がする」「下腹部痛を伴う」などおりものの色以外でも異常を感じたら、すみやかに医師に診てもらうことをお勧めします。

まとめ

妊娠初期はおりものの量が増えることが多いですが、色の変化にも何らかのサインが現れているケースがあります。特に心配する必要がないケースは、一時的に免疫力が低下した時に増える黄色っぽいおりものや、着床出血の症状として見られる茶色いおりものが挙げられます。しかし、黄色や茶色いおりものの中には細菌感染や病気のサインである可能性も。日ごろからおりもののニオイや性状をチェックする習慣をつけて、妊娠初期をすこやかに過ごしてください。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事