花粉症

薬があまり効かない子供の花粉症、改善するにはどうすれば良いの?

子供が花粉症などで苦しんでいる姿をみるのは、親としてとても辛いものです。小児科で薬を処方されて飲んでいるけれどあまり効果が見られず、なにか良い方法がないか「なるカラ」に相談がありました。ママの花粉症の悩みに、看護師さんはなんと答えているのでしょうか?

ママからの相談:「小児科でもらった花粉症の薬があまり効きません、どうすれば良いでしょうか?」

花粉症の子供を小児科につれていき薬を処方されたが、あまり効果が出ていないようだ。効果がないことを医師には言えず、他の病院へ連れて行くのも躊躇している。辛そうな子供のために、どうすれば良いの?そんな悩みを持つママからの相談です。

5歳の子供の花粉症と思われる症状が悪化しています。小児科で処方された飲み薬でも改善されず、唯一眼科でもらった目薬だけは多少効き目があるようです。花粉症の薬は色々ありますが、どれが子供に合うのかわかりません。薬を飲んでもくしゃみ、鼻水がひどくて粘膜まで傷ついて鼻血を出します。かなりドロっとした鼻血です。小児科で薬が効かないと言いにくいのですが、他の病院に行くのも躊躇われます。辛そうな子供を見ているのも限界なので、何か良い方法があれば試したいです。

耳鼻科の受診をおすすめします、薬が効かなかったことは医師に伝えて大丈夫!

小児科の医師にも専門分野があり、アレルギーの専門でない場合もあります。そのため、花粉症の症状であればアレルギーに詳しい耳鼻科で診察を受ける方がおすすめ。処方された薬が効かない場合は、他の薬を試せるので医師に伝えて大丈夫とのアドバイスがありました。

症状をみた限りでは耳鼻科の受診をおすすめします。耳鼻科では鼻の中の粘膜まで状態を細かく診てもらえますし、鼻血のことも何らかの対応をしてくださるでしょう。小児科では薬が効かないことはおっしゃって大丈夫です。(小児科、耳鼻咽頭科看護師)
是非、耳鼻科に行ってください。小児科の医師にも専門分野があって、アレルギー専門でない医師もいます。小児科で処方された薬の説明書を持って、耳鼻科に行ってください。(看護師)
実際に症状が改善しないのであれば、小児科の医師に伝えても大丈夫です。アレルギーのお薬は多種あり、お子様の症状に合わせあったものに変更できます。花粉だけが原因ではないこともある為、アレルギー検査などもご相談されても良いでしょう。(看護師)
現在鼻血が続いているようであれば、耳鼻科できちんと鼻の中の状況を調べていただいてそちらの対処が必要になってきます。小さなお子様は、鼻の粘膜がとても弱いので一度鼻血が出ると連続して1週間位続いてしまう事もあるのです。そこで、症状に合わせたお薬を処方してもらって様子を見ても良いでしょう。(看護師)

花粉症の症状を軽減する食事を取り入れることをおすすめします!

家でできる対策として、花粉症の症状を軽減するお茶や食材を取り入れることや、自宅にアレルギー物質を持ちこまないようにすることを教えてくれました。

家でできる対策のひとつとして、症状の軽減に効果的なものを食事に取り入れる方法があります。ルイボスティーや緑茶を飲んだり、蓮根やヨーグルト、根菜類などを摂るのもおすすめです。食材に含まれるポリフェノールが効果的と言われています。(看護師)
お子さんは外で遊びたい盛りだと思いますので、自宅にできるだけアレルギー物質を持ち込まないことが大事です。(小児科、耳鼻咽頭科看護師)

耳鼻科での診察と、家でできる対策を上手に組み合わせて、辛い花粉症の症状を少しでも楽にしてあげたいですね!


2014/07/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)