病院選び・救急車

2016/08/01

救急車を呼んだ方がいい?1歳の子どもの食物アレルギー

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

救急車を呼んだ方がいい?1歳の子どもの食物アレルギー

子どもの体調不良は自分のことより心配なもの。変化していく症状は、悪化しているのか回復の兆しなのか判断に迷います。救急車を呼ぶべきタイミングというのはあるのでしょうか。

ママからの相談:「食物アレルギーで救急車を呼ぶタイミング」

1歳の娘は食物アレルギーです。先日、顔に湿疹が出たためかかりつけ医に処方された薬を飲ませましたが、その後、お腹もゆるくなったので病院に連れて行きました。医師にはひどい症状が出なければ問題ないといわれましたが、どの程度の症状が出たら救急車を呼べばよいのでしょうか。基準があれば教えてください。(30代・女性)

食物アレルギーについて

近年、よく聞くようになった子どものアレルギー。中でもある種の食品がアレルゲンとなる食物アレルギーについての基本知識を専門家に教えていただきました。

食物アレルギーは、全身症状や呼吸器症状、皮膚症状、消化器症状などを起こすことがあります。(内科看護師)
アレルゲンがわかっているのでしたら、できるだけアレルゲンとなる食品は避けましょう。また、アレルギーによっては食べてすぐに症状がでるものと、数時間経って症状が現れるものがあります。初めて食べさせるものは少量から始めて、少なくともその後丸一日は様子をみてください。(産科医師)
食物アレルギーによるアナフィラキシー症状は、その程度によってグレード1~3に分類されます。グレード1はかゆみ、唇や目の周囲の腫れ、部分的な蕁麻疹、喉の痒みや違和感、腹痛がみられ、元気がない状態。グレード2は全身的な蕁麻疹に強いかゆみを伴います。また、顔がむくんだり腹痛や下痢、嘔吐が見られ、咳こんで少し元気がない状態です。グレード3になると喉や胸が締めつけられるように苦しく、呼吸困難になります。腹痛も強くなり下痢や嘔吐を繰り返します。ぐったりして意識がもうろうとして危険な状態です。(内科看護師)

救急車を呼ぶ基準

食物アレルギーといっても、その程度によってグレード分けされているとのこと。子どもの状態を観察してそのグレードを判断し、救急車を要請するかどうかの基準にしてください。

救急車を要請するのは、グレード3の状態がみられたとき。グレード2でも、状態によっては救急車を呼ぶ判断が必要です。その他の目安として唇や顔、爪が青白い、尿や便失禁が見られる、意識がはっきりしない、持続する咳き込みやゼーゼーした呼吸、呼吸困難、持続する腹痛や嘔吐、下痢などが見られるときは救急車を呼ぶ目安になります。このような緊急度が高いアレルギー症状がみられたら5分以内に判断して救急車を呼んでください。(内科看護師)
アレルギーを起こして意識がなくなる、だんだん呼吸が荒くなるようでしたら、救急車を呼んでください。(産科医師)
蕁麻疹がでても、1時間ほどで消失するようなら様子をみていいでしょう。嘔吐やお腹がゆるくなるのは、身体がアレルゲンを排出しようとしているからですので、その時点で慌てて病院に行く必要はありません。様子をみて症状が改善されない場合は、病院に連れて行ってください。(産科医師)
食物アレルギーを持つ子どもは近年増加傾向にあります。エピペンなど緊急時に対応できる薬剤を登録医に相談して処方してもらうと、いざという時落ち着いて行動ができます。(内科看護師)

まずは、子どもがどのグレードの状態にあるのかをよく観察してみること。また、状況は徐々に変わっていくこともありますし、判断に迷うようなら、夜間の診療窓口などに相談してみることも選択肢に入れてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加