臼蓋形成不全

臼蓋形成不全は遺伝する?!我が子が臼蓋形成不全かどうか調べることはできますか?

臼蓋形成不全というと耳慣れない人も多いかもしれませんが、股関節に異常がある状態のことで、発症すると脱臼を繰り返したり股関節に痛みを感じたりする症状です。臼蓋形成不全は遺伝する可能性があると言われているようですが、ご自身が臼蓋形成不全である相談者は、最近生まれた我が子に遺伝していないかどうか心配だと言っています。臼蓋形成不全とはどういうものなのか、遺伝の可能性はあるのか、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」で看護師さんにお話をお伺いしました。

ママからの相談:「私自身が臼蓋形成不全で脱臼を繰り返しています。娘に遺伝していないか心配です…。」

ご自身が臼蓋形成不全のため脱臼しやすいという相談者ですが、最近生まれた7カ月になるお子さんに遺伝していないか不安だと言っています。出産した病院でこのことについて尋ねてみると「小さくてまだわからない」と言われたようですが…。

7カ月になる娘のことで気になることがあります。私自身が臼蓋形成不全で股関節が脱臼しやすいのですが、この症状は遺伝しやすいと耳にしたことがあります。娘に遺伝していないか気になって、出産した病院で聞いてみたのですが「小さくてまだわからない」と言われてしまいました。

脱臼は見ただけでも判ると思いますが、臼蓋形成不全も見ただけで判るのでしょうか?また、いつ頃になったら診断可能になるのか、ということも知りたいです。

臼蓋形成不全は遺伝の可能性も大きいと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていないようです。

臼蓋形成不全は遺伝的要素もあると言われていますが、はっきりとした原因は分かっていないというのが現状のようです。乳児期の臼蓋形成不全は見た目だけでは判断できず、、基本的に超音波やレントゲンで診断されるものです。

臼蓋形成不全は遺伝の可能性もあると言われていますが、はっきりとした原因は未だ不明のようです。(看護師)
残念ながら臼蓋形成不全は、見た目だけでは判別する事はできません。。脱臼が起きて初めて気付くというケースも多くあります。(整形外科看護師)
自治体で行われている乳幼児健診で、股関節の異常の有無をチェックしている事が多いので、健診で指摘されないのであればそのまま様子をみられてもいいのではないでしょうか。(看護師)
レントゲンで股関節の画像を確認すれば確実に判るはずですが、7カ月の赤ちゃんではまだじっとしているのが難しいでしょう。ご心配であれば一度、整形外科の医師にご相談されてはどうでしょうか。(整形外科看護師)

遺伝の可能性があると聞くと、ママとしては不安になってしまうでしょうね。しかし臼蓋形成不全は見た目で判断は出来ず、、診断にはレントゲン撮影などが必要になるようですので、気になるようであれば整形外科で相談してみるのもいいかもしれません。


2014/07/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)