授乳量

姉妹でミルクを飲む量がバラバラ…ミルクをあまり飲まない子は、病気をしがち?!

同じママから生まれた赤ちゃんでも、その子によってミルクを飲む量は同じではありません。たくさん飲む子もいれば少ししか飲まない子もいるし、一生懸命飲む子もいれば遊び飲みしちゃう子もいたりして「本当に同じ兄妹なの?」と、驚いてしまうママも多いのではないでしょうか?

兄妹の中でもミルクを飲む量が少ないと、体が弱い子になってしまうのでは?という心配をされるママもいるようですが、実際のところはどうなのか、現在も子育て中である看護師さんたちにお話を聞いてみました。

3人姉妹のママからの相談:「ミルクをあまり飲まない三女。やはりミルクを飲まなかった次女と同じように、病弱な子になってしまう?」

3人姉妹を育てているママですが、現在三女の授乳中です。長女はミルクをよく飲み病気もあまりしませんが、次女はミルクをあまり飲まず身体も弱いと言っています。 現在授乳中の三女が次女と同じくミルクを飲まないので、やはり次女のように身体が弱い子になってしまいそうだと心配しているようですが…。

3人の子供を育てていますが、長女・次女・三女でミルクの飲む量が違っていて心配しています。長女は昔から良くミルクを飲んでぐっすり眠るタイプで、病気もあまりせずに安心していましたが、次女は逆にミルクをなかなか飲まずによく病気をしています。夜泣きも酷かったですし、身体も弱いです。このことから、ミルクを飲む量によって子供の体質が変わるのでは?と気になっています。三女は今ちょうど授乳中なのですが、次女と同様あまりミルクを飲みません。このままでは次女のように体の弱い子になるのでは?と心配しています。ミルクを飲む量と、子供の成長や体の強さは関係しているのでしょうか?

ミルクを飲む量と、子供の体の強さや体質はあまり関係がないでしょう。

兄妹がいるとどうしてもその中で比べてしまうのですが、その子によってミルクを飲む量が違うのは珍しいことではありません。またミルクをあまり飲まない次女は身体が弱いとのことですが、これもミルクを飲む量と、子供の体の強さや体質が比例しているとは言われておりませんので、あまり関係がないようです。

うちの子たちは、たくさん飲むけどすぐ熱を出す男の子が2人。足りてるのかなあ?と心配だったのに割と丈夫な女の子が2人。今は皆小学生以上になリましたが、熱を出す率は男の子の方が多いですので、ミルクの量はあまり関係がないでしょう。(看護師)
一般的にミルクの飲む量と、子供の成長や体の強さ、体質が比例しているとは言われておりません。(小児科看護師)
ぜんそくなどの持病があれば、ミルクを飲む量が少なくても仕方がないかもしれませんが、特に持病がなくて飲む量だけが少ないのであれば、それがお子さんの適量なのでしょう。(看護師)
2人目のお子さんが身体が弱いとのことですが、上のお子さんが保育園や幼稚園に通っている場合、感染症や風邪の菌などを持ち帰ってくることが多いため、下の子が体調を壊しやすく、体が弱いという印象を受けることもあるようです。(小児科看護師)
定期健診等で指摘がなく、体重も母子手帳にあるグラフの平均の範囲内であれば、今のところはそれ程心配なさらなくてもいいのではないでしょうか。(産科看護師)

看護師さんたちのお話や経験談では、ミルクの量と子供の成長や体質はあまり関係がないようですね。でも授乳をしているママとしては「もっとたくさん飲んでくれればいいのに…」と思ってしまうのは仕方がないのかもしれません。

今のところ特に発育などに不安があるわけではないなら、ミルクを飲む量が少なくてもそれはお子さんの適量なのだと思い、このまま様子を見られてはどうでしょうか?


2014/07/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)