虫歯・歯医者

2016/08/05

5歳の子どもの歯に乳白色の塊が…もしかして虫歯?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

5歳の子どもの歯に乳白色の塊が…もしかして虫歯?

子どもが虫歯にならないようにと、歯のケアに気を使うママは少なくありません。子どもの歯に初期の虫歯らしきものを見つけたママから、治療について相談がありました。歯科衛生士さんとお医者さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「歯みがき嫌いの子どもに虫歯らしきものが…歯医者さんで削らないと治りませんか」

5歳になったばかりの子どもは、すでに永久歯が4本生えています。それなのに歯磨きが苦手でなかなか磨かせてくれません。先日嫌がる子どもの歯磨きをしていたら、3カ所ほど、歯の一部に乳白色の塊のようなものがありました。調べると虫歯の第一段階と書いてありましたが、この場合も歯医者さんで削る治療をしないといけないのでしょうか。歯磨きなどでケアしたり、自宅で除去が可能か知りたいです。(30代・女性)

程度が軽ければ、元に戻ることも

程度が軽い初期虫歯であれば、歯みがきで元に戻ることもあるようです。

歯のエナメル質に白濁が見られる状態は、多くの場合虫歯の初期段階です。虫歯菌の作り出す酸によりエナメル質の表面のカルシウムが溶けだしている「脱灰」と呼ばれる状態です。脱灰の程度が軽い場合、当該箇所を念入りに歯みがきし、フッ素を塗ることで、唾液中のカルシウムが再び脱灰箇所に吸着する「再石灰化」と呼ばれる現象が起こり、元に戻ることもあります。(歯科衛生士)

虫歯は早めの対処を

乳歯の虫歯は進行が早いので、早めの治療が勧められるようです。歯みがきで戻る状態なのか、治療が必要なのかを判断してもらうためにも、歯科医の受診を検討するようアドバイスがありました。

生えたての歯は虫歯の進行も早いため、治療が必要なら早いほうがよいです。もし歯みがきとフッ素で戻りそうであれば、市販の歯磨き粉よりも濃度の高い歯科医院用のフッ素を塗ってもらうことができます。初期段階の虫歯が、治療が必要なのか歯みがきで再石灰化するのかは、歯医者さんで見極めてもらう必要があるでしょう。ほかの歯のケアもかねて一度受診するのが今後のためにもベストと考えます。(歯科衛生士)
虫歯は歯が黒くなるイメージがありますが、乳児の虫歯は白いものです。普段からしっかり歯磨きをすることは大切ですが、一旦虫歯になると、治療しなければ改善できません。虫歯と診断されてもすぐに歯を削るわけではなく、虫歯の進行具合にもよります。乳歯が虫歯になっても、永久歯に生え変わるまで様子を見る場合もありますが、永久歯が虫歯になったのでしたら、早めに治療した方がいいでしょう。(医師)

歯科受診の際は、事前に準備を

子どもが歯科の受診を嫌がらないよう、事前にできる準備の仕方を教えてくれました。

歯磨きを嫌がるくらいですから、歯科受診には全身で抵抗することが考えられます。何度か歯科の近くを通って、場所に慣れさせたり、歯科の看護師と顔見知りになるなど、事前に準備した方がいいかもしれません。最近は小児歯科もありますから、お子さんが抵抗なく受診できる所がいいでしょう。(医師)

程度の軽い初期虫歯であれば、歯みがきなどで改善できることもありますが、治療の必要の有無を判断するためには歯科医院の受診が勧められるようです。乳歯の虫歯は進行が早いので、早めの受診をご検討ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加