乳歯

2016/08/05

乳歯が虫歯だと、永久歯に悪い影響があるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

乳歯が虫歯だと、永久歯に悪い影響があるの?

小さな子どもの場合、歯磨きなどのケアは大人が手助けしてあげる必要があります。乳歯が虫歯になりかけと診断され不安なママからの相談に、歯科衛生士さんとお医者さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「現在4歳、乳歯が虫歯になりかけと言われて不安です」

今4歳の子どもは、半年前ほどの歯科検診で、前歯が虫歯になりかかっていると言われました。まだ大きくないので、このまま様子を見て、これ以上虫歯が広がらないように歯磨きを丁寧にするようにと言われ、言われた通りにしていますが、このまま永久歯に生え変わるまで待っていいのでしょうか。また、虫歯だった歯が永久歯に生え変わるときに、何か悪影響があるのか不安に感じています。(30代・女性)

乳歯の虫歯の放置は、様々な悪影響が

乳歯の虫歯を放置することで起こる悪影響について、教えてくれました。

乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯も虫歯になりやすい、歯並びに影響しやすい、あごの骨の発達や噛む能力の発育に影響しやすい、偏食を助長し栄養的に問題が起きやすいなどさまざまな影響が考えられます。(歯科衛生士)
乳歯が虫歯になって、状態がひどい場合は、治療したり早めに抜歯することもありますが、軽度やなりかけの状態ですと、自然に抜け落ちて永久歯が生えるのを待つなど、歯科医師の方針によっても異なるようです。虫歯をそのままにしていると、虫歯菌が歯の根元にまで到達し、永久歯も虫歯になりやすくなります。また、虫歯の痛みがあると片方の歯でばかり噛むようになり、しっかり噛めなかったり、歯並びが悪くなることもあります。(医師)

指導どおり、丁寧な歯みがきを

虫歯の進行を食い止めるために、注意すべきポイントをアドバイスしてくれました。

歯科医院で治療する必要はまだないと診断されているようですから、現時点ではあえて過剰な治療はせず、指導の通りていねいに歯みがきをすることで進行を食い止めるのがベストでしょう。フッ素の含まれる歯磨き剤を使って、とくに寝る前はしっかりと観察しながら歯みがきをしてください。(歯科衛生士)
乳歯や生えたての永久歯は、まだエナメル質が弱いため虫歯になりやすい傾向にあります。医師が言うようにできるだけ虫歯を進行させないよう、しっかり歯磨きをして、磨き残しがないようにしてください。(医師)

定期的に検診を受けて

乳歯の虫歯は進行が早いため、プロの目による定期的な検診が大切なようです。

日ごろの歯みがきに加えて、検診後半年たった今、ぜひもう一度検診を受けてください。乳歯の虫歯は進行し出すと速いため、定期的にプロの目で様子を見ることも大切です。あと1~2年で生え替わりかと考えますが、それまでの間、数カ月から半年に一度はほかの歯のチェックもかねて見てもらっておくと安心です。(歯科衛生士)

乳歯の虫歯は放置すると、永久歯の虫歯や歯並びなど様々な悪影響を及ぼします。丁寧な歯みがきなどで虫歯の進行を食い止めてあげましょう。また、乳歯の虫歯は進行が早いため、定期的な検診も大切なようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加