虫歯・歯医者

2016/08/09

6歳臼歯が深い虫歯に…神経を抜いたらどうなるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

6歳臼歯が深い虫歯に…神経を抜いたらどうなるの?

できれば避けたい子どもの虫歯。今回は6歳臼歯の虫歯についての相談です。次に痛みが出たら、神経を抜かなければならないと歯医者さんに言われましたが、これ以上進行しないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。また神経を抜くことで歯はどうなるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「また痛んだら神経を抜かなければいけないといわれました」

8歳の子どもは年長の頃から虫歯になり、6歳臼歯が深い虫歯になってしまいました。これまで神経を抜かずに殺菌する治療を続けてきましたが、もしまた痛くなるようなら、神経を抜かなくてはならないと言われ、とても心配です。殺菌しても、虫歯が進行してしまうことがあるようですが、どうしたら防げるでしょうか。また、神経を抜くと、どのようなデメリットがありますか。(40代・女性)

神経を抜いた歯は短命に。褐色に変化することも

悪化した虫歯の痛みがひどいときは神経を抜くことになりますが、歯がもろくなったり、デメリットがあるようです。色が褐色になるとの声もありました。

神経を抜くと、歯は実質上死んでしまうため、もろくなったり変色してしまい、歯の寿命は短くなります。極力神経を残そうとするよい治療を受けておられますから、主治医と協力して進めてください。(歯科衛生士)
神経を抜くと、痛みや冷たい水がしみることはなくなりますが、神経を抜く際に小さな血管もとるため、栄養が行き渡りにくくなり歯の寿命が短くなる場合があります。また、褐色が目立つようになり、ホワイトニングのケアが必要になる場合もあります。デメリットの方が多い気がしますが、痛みをとるためには神経を抜くことが優先されます。(産科・婦人科医師)

虫歯は細菌との戦い。栄養をとって日々のケアを心がけて

虫歯の原因となる細菌と戦うためには抵抗力をあげることが大切です。日々のケアを心がけ、磨き残しがないよう、お母さんが仕上げ磨き残しをしてあげましょう。

生えたばかりの6歳臼歯の虫歯は進行しやすいものです。神経を残せるかどうか、ギリギリのところのようですが、結局は身体と細菌の戦いなので、元気な人のほうが有利に戦えます。お子さんの栄養や睡眠に注意し、抵抗力を上げましょう。(歯科衛生士)
神経を刺激しないよう、舌や指で患部をいじったり、硬いもの、暑いもの、冷たいものを噛まないようにしましょう。また、口腔内は一つの環境です。1本の6歳臼歯が深い虫歯になっていると、ほかの3本の6歳臼歯も危険です。歯磨きやフッ素、シーラントなどで適切な処置をしましょう。(歯科衛生士)
虫歯の進行を防ぐには、食後の歯磨きが基本です。小さいお子さんの歯磨きでは、磨き残しが多いので、お母さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。毎回は必要ありませんが、歯間ブラシやデンタルフロスなどで歯の間の歯垢も取り除いてください。(産科・婦人科医師)
虫歯菌は寝ている間に繁殖しやすいため、寝る前の歯磨きはしっかり行ない、フッ素でコーテイングすると、より効果的です。フッ素は、家庭用で低濃度のものを使用しましょう。(産科・婦人科医師)

歯の神経を抜くとデメリットは少なくないようです。虫歯の進行を防ぐには日々の口腔ケアが大切です。磨き残しがないようにお母さんが仕上げ磨き残しをしてあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加