調査・アンケート

2016/08/01

ドリンク1本で子育て支援 「ウェルカムベビープロジェクト支援自動販売機」が戸塚に誕生

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

ドリンク1本で子育て支援 「ウェルカムベビープロジェクト支援自動販売機」が戸塚に誕生

支援型自動販売機が登場

NPO法人こまちぷらすが事務局をつとめる日本初の民間型プロジェクト【ウェルカムベビープロジェクト】が、東京キリンビバレッジサービス株式会社と新規事業をスタートさせ、第1号となる「ウェルカムベビープロジェクト支援自動販売機」を横浜市戸塚区に設置します。

欲しいものは「あたたかい目」

赤ちゃんの誕生が社会に歓迎される文化の醸成を目的として、出産祝いを贈る【ウェルカムベビープロジェクト】。同団体の調査によると、「『地域で子供を生み育てやすい社会のあたたかい目』 が欲しい」という子育て世代の声が多く集まりました。

これを受けて地域や企業、商店、町内会などさまざまな場所から、子育て中の家族に対する応援の気持ちを届けたいとウェルカムベビープロジェクトは始められました。

現在、横浜市戸塚区在住で出産した希望者に対し、選考委員が厳選したプレゼントを詰めた「ウェルカムベビーボックス」を無償で提供しています。

小さな支援、大きな気持ち

7月29日から設置される「ウェルカムベビープロジェクト支援自動販売機」は、外観を特別仕様に変更。お母さんたちへのねぎらいの言葉をデザインした、やさしい雰囲気の自動販売機です。ここで飲み物を購入すると、一定割合の支援金がウェルカムベビープロジェクトに入る仕組みになっています。

得られた支援金は、ウェルカムベビーボックス配送費や広報活動費などに使用されます。この自動販売機を見つけたら、ドリンク1本分でできる小さな子育て支援にぜひ参加してみてください。

参考サイト

特定非営利活動法人 こまちぷらす プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加