歯磨き

2016/08/11

歯磨きスタートのタイミングは?どんな歯ブラシを選ぶべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

歯磨きスタートのタイミングは?どんな歯ブラシを選ぶべき?

歯が生え始めたら気になるのが歯磨きのタイミング。今回の相談者は8カ月の赤ちゃんのママです。上の歯も生えて、そろそろ始めようと思うものの、授乳のたびにやるべきか、タイミングがわからず困っています。歯ブラシ選びも悩みの種です。専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

ママからの相談:「歯磨きはいつ始めたらよいでしょうか?」

現在8カ月です。離乳食は二回食で、下2本と上1本の歯が生えています。下の歯しか生えていないうちは歯磨きしなくて大丈夫と健診で言われていましたが、そろそろかなと思います。食事や授乳のたびに歯磨きしたほうがよいのでしょうか。虫歯を防ぎたいのですが、歯ブラシもたくさん種類があり、どれを使ったらよいかわかりません。歯磨きのタイミングと、スタートにオススメの歯ブラシがあれば教えてください。 (30代・女性)

歯磨きに慣れさせることを目的に。離乳食後だけでもOK

まずは歯磨きに慣れさせるため、おもちゃ感覚で持たせるとよいようです。本格的な歯磨きは上下4本ずつ生えてから開始しましょう。

成長してくると歯磨きを嫌がることも多いため、小さいうちから歯磨きの習慣をつけるのはよいことです。歯磨きは毎食後が基本ですが、授乳のたびではお母さんにとってもお子さんも負担です。今は離乳食後だけでもよいでしょう。気になるなら、授乳の後は濡れたガーゼや歯磨きシートで拭きとってください。特に、上の前歯の裏側に母乳のカスが残りやすいため、その部分は丁寧に拭きとりましょう。(産科・婦人科医師)
下の歯は常に唾液に洗われているため、虫歯になりにくいのですが、上の歯が生えたら、少しずつ始めていくとよいですね。上下4本ずつ生えそろった頃から本格的に虫歯予防を目的としていきます。今は「歯磨きに慣れさせる」習慣づけを目的として、焦らず行なうとよいでしょう。(歯科衛生士)
食べたら磨く習慣づけが最終目標ではありますが、初めは無理せず、タイミングとしては寝る前を中心に、楽しい雰囲気で行うようにしましょう。(歯科衛生士)

お勧めは小さめヘッドの歯ブラシ。握りやすく子どもが喜ぶデザインを

歯ブラシは小さめヘッドで握りやすいものがよいようです。楽しくやれるよう、子どもが喜ぶデザインを選びましょう。

最近はいろいろな歯ブラシがあるので、どれがよいか迷うと思いますが、ポイントは、ヘッドが小さめで、奥の歯にも届きやすいこと。グリップはお子さんが握りやすい形のもの、毛が柔らかく密集しているものです。まさにスタート用の歯ブラシもありますから、お子さんが喜ぶような、かわいいものを選んでください。(産科・婦人科医師)
初めから歯ブラシを口に突っ込むのではなく、膝に寝かせて、ほっぺや唇に触れたり、ガーゼで歯をぬぐうところから始めてください。その一方で、子どもに歯ブラシをおもちゃのように持たせて慣れさせます。そのために設計された、ゴム製で、のど突きを防ぐストッパーがついている歯ブラシが市販されています。(歯科衛生士)

歯磨きに慣れるため、まずはおもちゃ感覚で歯ブラシを持たせるとよいようです。持ちやすく、口に入れやすいもので、子どもが喜ぶデザインを選びましょう。上下4本ずつ生えたら、本格的に虫歯予防の歯磨きを始めます。それまでに準備をしておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加