アプリ

2016/08/03

赤ちゃんをあやせる子育て応援無料アプリ!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

赤ちゃんをあやせる子育て応援無料アプリ!

『赤ちゃんニッコリアプリ ママポケ』

株式会社RED-TVが、新生児から2歳までの発達に合わせた8つのゲームが無料で楽しめる子育て支援アプリ『赤ちゃんニッコリアプリ ママポケ』をリリースしました。

これは、現役ママの実体験を元に考え、作り出された赤ちゃんをあやせる子育て応援アプリです。赤ちゃんを抱えるママは、外出するときに、オムツやおしりふき、着替え、ミルクに哺乳瓶、赤ちゃんお気に入りのおもちゃなど、大きなカバンに入りきらないほどの物を持ち運びます。

外出先で赤ちゃんが退屈して泣き出すことを考えると、外出することも億劫になり、引きこもりがちになります。そんなママに、このアプリがあれば、持ち歩くおもちゃも減らせ、外出も楽になります。いつも携帯しているスマホにアプリを入れておけば、たとえ圏外であっても赤ちゃんをあやすことができるのです。

ゲームは全てシンプルで使いやすく、まだ目がはっきり見えない0ヶ月児から、1、2歳児の知育まで4段階に分かれています。ゲームは全8種類で、同じゲームでも月齢によって機能が変わります。また、通信環境がなくてもアプリを使用でき、音の調節も可能です。兄弟姉妹も一緒に遊ぶことができます。

4段階の赤ちゃんに対応

1段階目の0ヶ月から3ヶ月の赤ちゃんは、まだ目がはっきり見えず、昼夜関係なく眠ったり起きたりします。光や音に反応して、だんだん首がすわってくると目で物を追って、頭も動かせるようになります。

「ふるふるがらがら」ゲームは、自動再生で、がらがらが音をだして揺れます。

2段階目の3ヶ月から6ヶ月の赤ちゃん。4ヶ月を迎える頃には首がすわってきて、あやされると反応します。さわると音が鳴る物や、物の動きを楽しめるようになります。見たり聞いたりすることで遊ぶ力が発達します。

「いないいないばぁ!」ゲームでは、画面にタッチすると好きなタイミングでいないいないばぁができます。

3段階目の6ヶ月から1歳の赤ちゃんは、ハイハイが始まり、おすわりもできるようになります。目で見た物に手を伸ばして自分で物をとり、自分の手でおもちゃを動かして目で追うことができるようになります。

「はーい!ぬいぐるみ」ゲームは、画面にタッチするとぬいぐるみの動きや表情が変わります。

4段階目の1歳から2歳の赤ちゃんは、歩くことができるようになり、感情表現も豊かになります。「○○はどれ?」と尋ねると絵の中から見つけることができます。2歳を迎える頃には名前を呼ばれると返事ができます。

「ワクワク音えほん」ゲームは、好きな音が選択できて、画面をタッチすると音が鳴り、星が出ます。組み合わせを変えて楽しむことができます。

参考サイト

『赤ちゃんニッコリアプリ ママポケ』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加