下痢

頻繁な下痢を繰り返す子供、何か良い改善策を教えてください!

お子さんの下痢、心配ですよね。子供の場合、内臓機能が未熟なためよく下痢を起こすこともあるようですが、その原因は食べ物やストレスなど様々です。 子供が下痢になったら、どのようなことに気をつければいいのか、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」での看護師さんたちのアドバイスを見てみましょう!

ママからの相談:「子供が最近頻繁に下痢をします。何か良い食べ物や改善策はあるでしょうか?」

現在9歳の娘さんですが、最近よく下痢を起こしてトイレに駆け込むようになり、ママは気になっているようです。また便秘と下痢を交互にすることもあり、何か病気なのでは?とママの心配は募るばかりですが・・・。

9歳の娘が、最近頻繁に下痢をするようになりました。よくトイレに駆け込んでいく姿を見るのですが、何か良い対処方法はないでしょうか。下痢になった時に良いお薬や良い食べ物などがあれば、紹介していただきたいです。また便秘と下痢が交互に起こることもあるのですが、何か病気の疑いがあるのではないかと心配しています。

下痢の原因は様々です、症状が続くようなら、一度病院で診察を!

下痢は食べ物が関係していたり、精神的なことが関係していたり、ママでもなかなか原因を突き止めることは容易ではありませんよね。 いつまでも症状が続くようであれば、一度病院を受診して、原因を調べてもらった方がいいかもしれません。

娘さんの下痢はどんな時におこりますか?食べ物が関係していたり、精神的なことが関係していたりしますので、まずはその原因を見つけて問題と向き合うことが大切です。(小児科看護師)
牛乳を消化する酵素が少ないと下痢をおこしやすくなるそうです。一般的に大人に多い症状ですが、子供がならないというわけではありませんので、一度病院を受診されてはどうでしょうか。(消化器科看護師)
症状が長く続くようであれば病院を受診し、その際は便を少し持参するか、携帯などで撮影しておくと医師も診断がしやすいでしょう。(小児科看護師)

食事は消化のよいものを摂り、こまめな水分補給を忘れずに。

食べ物に関してはできるだけ消化吸収のよいものを食べさせ、特に下痢の場合は脱水になりやすいので、こまめな水分補給が必要です。

下痢の時は乳製品は避け、腸に負担がかからないように消化吸収のよいものを摂るようにしましょう。(小児科看護師)
下痢が続く場合は、刺激が少なく消化の良いお食事が良いです。香辛料や酸味が強い物は控え、かんきつ類やキウイ、そして食物繊維が多いごぼうやおから、とうもろこしなどの食品も控えましょう。(管理栄養士)
下痢の時は脱水になりやすいので、こまめな水分補給が大事です。飲料水だけではなく、お食事の際のスープやお味噌汁などでも水分補給ができますが、刺激を控えるためにも、熱すぎたり冷たすぎるものは避けて下さい。(管理栄養士)
便秘・下痢のどちらの場合も水分補給はとても大切です。特に下痢の場合、体の酸と塩基のバランスが崩れやすいため、経口補水液などの塩分やミネラルを含む飲み物を飲ませてあげることも大切です。(看護師)
下痢の時は生ものや食物繊維の多いものは避け、やわらかいご飯や温かいお汁物などを食べさせます。便秘の時は適度な油分(オリーブオイルなど)やヨーグルト、海藻類などを食べるといいですが、下痢と便秘の繰り返しが続くようなら、病院の受診をお勧めします。(看護師)

普段の食生活の中で、お子さんの体調を見ながら食べるものを調整していけば、そのうちに症状が治まってくるかもしれませんね。看護師さんや管理栄養士さんのアドバイスを参考にして、少しお食事を工夫してあげて、しばらく様子を見てはどうでしょうか?

それでも下痢・便秘の症状を繰り返すようでしたら、何か病気が隠れている可能性もありますので、その時は病院を受診するようにして下さい。


2014/07/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)