歯磨き

2016/08/12

11カ月の娘。寝てしまって歯を磨けなかった時はどうしたらよい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

11カ月の娘。寝てしまって歯を磨けなかった時はどうしたらよい?

小さい子どもは、疲れていると食事の最中でも寝てしまうことがあります。そのまま朝まで寝てしまうこともあるため、歯磨きをしそびれることも度々あるというママからの相談に、専門家たちがアドバイスしています。

ママからの相談:「夕食の途中から朝まで寝てしまうことも」

生後11カ月の娘は、夕食を食べている途中から愚図りだしてコテッと寝てしまい、なかなか歯磨きが出来ない時が多々あります。保育園から帰宅後の18時から19時までの間でタイミングを変えて夕食にしているのですが、どうしても眠くなってしまうようです。よく寝る子で、愚図ってもそのまま朝まで寝てしまうこともしばしばあります。朝起きたらすぐ磨くのでも問題はないのでしょうか。(27歳・女性)

歯磨きをするタイミング

できれば毎食後に歯磨きの習慣をつけたいもの。夜が難しければ、日中に歯磨きができるようにしておくとよいかもしれません。

できれば食後に歯磨きするのが理想です。歯磨きをしないまま寝てしまうと、口の中に残った食べ物のカスをエサにして、虫歯菌が繁殖します。朝起きた時には、すでに口の中は雑菌だらけです。お子さんが寝始めたと思ったら、頑張って歯磨きしてください。(産科・婦人科医師)
どうしても夜ご飯中に眠ってしまうようであれば、夜ご飯の前、おやつが終わった後に一度きちんと歯磨きをしておくのはいかがでしょうか。夜ご飯の汚れが残ってしまうとはいえ、一日中全く磨かずに眠ってしまうよりはいいのではないかと思います。(医師)
朝や昼はどうでしょうか?ちゃんと磨けているのでしたら、食べたら磨くということを教え、夜も歯磨きを習慣づけてください。(産科・婦人科医師)

ガーゼの使用について

濡れたガーゼで歯の汚れを拭き取る方法については、賛否両論あるようです。

どうしてもダメな場合は、お子さんが寝付いてから、歯磨き粉のついていない歯ブラシで磨いて、濡れたガーゼで拭き取ってください。まだ歯が少ないですから、ガーゼや歯磨きシートで拭くだけでもいいでしょう。また、弱い歯ですから、優しくブラッシングしてください。(産科・婦人科医師)
グズグズが始まった段階で食事を切り上げて急いで歯磨きができればよいのですが、間に合わずに眠ってしまった場合は朝起きてから丁寧に磨いてあげるしかありません。濡らしたガーゼや専用のクロスで歯の表面を拭うという方法もありますが、寝ている間はやはり難しいですし、すでに奥歯が生えていれば汚れを落としきれないため、お勧めはできません。(医師)

夜の歯磨きが難しいなら、できるだけ日中に歯磨きができるように習慣づけるとよいでしょう。ガーゼの使用については賛成と反対の両意見を参考に、ご家庭にあった方法を見つけていってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加