妊娠初期とおりもの 

2016/08/09

妊娠初期におりものが少ないのは異常?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠初期におりものが少ないのは異常?

妊娠初期は、おりものが増えることが多いといわれています。しかし、妊娠前と比べておりものの量が変わらない、もしくは減った場合は異常がないか心配になるかもしれません。今回は、妊娠とおりものの量の関係および注意したいおりものの様子について紹介します。

妊娠初期はおりものが増える人が多い

子宮頚管および膣内では、雑菌の侵入を防ぐために粘りのある酸性の液体が分泌されています。おりものの正体は、この分泌物が体外に流れ出てきたものです。 妊娠すると、子宮内の赤ちゃんを雑菌から守るためにおりものの量が増える傾向があります。それに加えて、妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化もおりものの増加を引き起こします。 妊娠初期のおりものは、透明もしくは白色でさらさらしていることが多いです。たまに茶色や褐色のおりものが出ることがありますが、たいていは赤ちゃんの成長に伴って子宮内の毛細血管がわずかに切れて起こる出血です。下腹部の痛みなどがなければ、それほど心配いりません。

必ずしもおりものが増えるわけではない

おりものの出方にはもともと個人差があり、妊娠初期のおりものが少ないからといって心配する必要はありません。妊娠中は普段に比べて肌や粘膜が敏感になります。そのため、膣炎などの疾患がなくても増加したおりものそのものが刺激になって外陰部にかゆみやかぶれが生じることもあります。 週数が進むにつれておりものの様子が変わることもあるので、普段からこまめにチェックする習慣をつけましょう。

こんなおりものが出たら注意しましょう

おりもの自体に鮮血が混じっている、もしくは鮮血が混じったようなピンク色のおりものが出たら、流産・切迫流産などが原因で子宮から出血している恐れがあるため、すぐに病院で診てもらいましょう。茶色・褐色のおりものに加えて、下腹部の痛みがある場合も同様です。 妊娠中は抵抗力が落ちるので、子宮や膣周辺の病気に感染しやすくなります。黄色・緑色の細かく泡立ったおりものや、強い臭いのおりものがある場合は、トリコモナス膣炎の疑いがあります。放置すると流産・早産の原因になることがあるので、早めに病院に相談しましょう。外陰部のかゆみとともにカッテージチーズ状の白くぽろぽろしたおりものが出る場合は、カンジダ膣炎にかかっている恐れがあります。

いかがでしたか?おりものの量や出方は個人差が大きく、妊娠初期でもおりものが少ないケースは決して珍しくありません。他に異常がなければそれほど心配しなくても良いですが、体調の変化に早く気づけるよう普段からおりものの様子をチェックすることをおすすめします。もしおりものの様子がおかしいと思ったら、遠慮せずに医師に相談しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加