中耳炎

赤ちゃんの鼻水は放置すると中耳炎になる? 原因と自宅でできる対策は?

ちょっとしたことで、ズルズル鼻水がでてしまう赤ちゃん。大人とは違って、まだ上手に鼻をかむことができないため息苦しく、放っておくと中耳炎になってしまう可能性もあります。つらい中耳炎を予防できるよう、自宅でできる鼻水対策を知りましょう。

赤ちゃんが鼻水を出す主な原因(病気)

考えられる原因は大きく2つに分けられます。
1つ目は、ウイルスや細菌などに感染して風邪を引いている場合。鼻の粘膜が敏感で抵抗力の弱い乳幼児は、鼻づまりや鼻水の症状が出やすくなっています。
2つ目は、アレルギー物質に反応して炎症を起こしている場合です。ホコリやハウスダスト、花粉などに対してアレルギーがあると、それらの刺激によって鼻水が出ます。

鼻水と一緒に咳や目やにが出る場合は?

咳も鼻水と同じく、ウイルスや細菌による感染や、アレルギー反応が原因で起こることがほとんどです。鼻水とともに咳や痰が長く続くと、気管支炎や肺炎になるおそれもあるため、早めに小児科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。
赤ちゃんの目やにが出ている場合は、結膜炎になっている可能性があります。風邪やアレルギー反応と合併することも多いため、鼻水と一緒に目やにが出たり、目が充血したりしていないか観察しておきましょう。ウイルスや細菌によって結膜炎を起こしているときは、家族も感染しやすいので注意が必要です。抗菌薬の入った点眼薬や軟膏を処方してもらうなど、適切な治療を受ける必要があります。初めからアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎と決めつけずに、症状があればまずは受診をして症状にあった薬を処方してもらいましょう。

鼻水に血が混じるのはなぜ?

大人でも鼻をかみすぎると血が出ることがあるように、乳幼児の鼻の粘膜はとてもデリケートで、傷ができると鼻水に血が混じりやすくなります。また、赤ちゃんが指で触ってしまったり、異物が入ったりして出血する場合もあります。さらに、鼻水を吸引してあげることが、かえって粘膜を傷つけるきっかけになることも。
少し様子をみていて落ち着くようであれば問題ありませんが、両方の鼻から血が混じった鼻水が出たり、続いたりする場合は、重い病気が隠れている可能性もあるため病院を受診しましょう。

自宅で鼻水を吸う方法

赤ちゃんが頻繁に鼻水を出して苦しそうだけれど、その都度病院に行くのは大変という場合、自宅で鼻水を吸う方法もあります。昔は母親が赤ちゃんの鼻に直接口をつけて吸ってあげるという方法も一般的でしたが、それでは風邪がうつるリスクも高くなってしまいます。最近では、主に「鼻水吸引器」や「鼻吸い器」と呼ばれる器具を薬局などでも簡単に購入できるようになりました。詳しい種類をみていきましょう。

鼻水吸引機の種類

主な種類
鼻水吸引器は、大きく「手動」タイプと「電動」タイプに分けられます。
手動のものは、スポイトやポンプのような形のものや、ストロータイプで大人が吸うようになっているものなどがあります。吸うタイプには、大人が鼻水を吸い込んでしまわないように、ストローの途中に鼻水が溜まって感染を予防できるような構造になっているものもあります。
電動タイプは、コンセントにつなぐ据え置きのものや、充電式や乾電池式で持ち運びも可能なコンパクトなものもあります。電動タイプは手動に比べて高価になりますが、吸引力はアップします。ただし、大型になると赤ちゃんが音を怖がってしまうなど、それぞれにメリット・デメリットがあるため、使う頻度や場所に合わせて検討する必要があります。

赤ちゃんにも使える?
鼻水吸引器は、赤ちゃんから大人まで使用できるものが多くなっています。でも、赤ちゃんの鼻の粘膜はデリケートです。息苦しそうだからといって頻繁に吸引すると、傷をつけてしまう心配もあります。鼻の奥に吸引器や鼻吸い器の先端を入れすぎないように気をつけ、鼻づまりがあるからといってあまり頻繁に使うのは避けましょう。
吸引器や鼻吸い器を使ってもたいして鼻汁が取れない場合、次にやるときはお風呂のあとに試してみるのもよいでしょう。鼻汁がお風呂の蒸気でやわらかくなって取れやすくなることがあります。いずれにせよ、吸引器を使う際は説明書をよく読み、適切に活用しましょう。使い方や、どのような吸引器が合うのかがわからない場合は、医師に相談してみることも大切です。

中耳炎とは?

原因
中耳炎とは、細菌などが鼻や喉から入りこみ、鼻と耳をつなぐ空間である耳管(じかん)を経由して、鼓膜(こまく)よりさらに奥にある「中耳」が炎症を起こしてしまう病気です。プールやお風呂などで耳に水が入って中耳炎になるのではないかと心配されることが多いのですが、外からの水で中耳炎になるわけではありませんので大丈夫です。発症の原因となる細菌には、肺炎球菌やインフルエンザ菌などがあります。

なりやすい時期・年齢
中耳炎は何歳になってもかかることがありますが、生後6ヶ月頃からの乳児や幼児は、とくになりやすい病気です。幼い子どもは鼻や耳の粘膜が敏感で、免疫機能も発達途中のため、細菌などが侵入すると炎症を起こしやすいのです。また、保育園や幼稚園などの集団生活で風邪をもらい、悪化して中耳炎を起こすケースも多くなっています。

鼻水との関係
鼻水の中は、細菌やウイルスだらけです。赤ちゃんの耳管は大人よりも短く、しかも水平になっているため、鼻水が耳のほうへ入っていきやすい構造になっています。これも赤ちゃんが中耳炎になりやすい要因の一つですが、6歳頃まではなかなか上手に鼻をかむことができない子もいます。そうすると鼻水が溜まり、中耳炎を起こしやすくなってしまいます。

症状
中耳炎の代表的な症状は、発熱や耳の痛みです。また、内耳で炎症が起きて溜まった膿が、鼓膜を破って外に流れ出てきたり(「耳だれ」と呼ばれます)、音が聞こえづらくなったりする場合もあります。聞こえづらい状態に気づかず慢性的な聴力の異常があると、言葉の発達にも影響が出る可能性もあり、要注意です。また、赤ちゃんは言葉で不快な症状や違和感、痛みなどを訴えることができないため、機嫌が悪いことで何かしらの症状があると判断できる場合もあるでしょう。赤ちゃんの変化を見逃さないよう注意してあげましょう。

中耳炎の種類

中耳炎は、原因や症状によって、いくつかの種類に分けられます。代表的なものをみていきましょう。


〇急性中耳炎
細菌やウイルスに感染することが原因で、風邪を引いたあとに起こるケースが多くなります。38℃以上の高熱とともに、強い耳の痛みや耳だれなどの症状が出ます。赤ちゃんは痛みを訴えられないため、機嫌が悪くなったり、夜泣きがひどくなったりすることも。難聴になる危険性もあります。

〇滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)
浸出液と呼ばれる水が内耳に溜まることが原因で起こります。熱や痛みはありませんが、耳が聞こえづらくなります。呼んでも返事をしない、TVなどの音を大きくしなければ反応しないといった症状を伴います。

〇慢性中耳炎
中耳炎は、きちんと治療をしなければ繰り返しかかってしまうこともある病気です。急性中耳炎を何度も繰り返すと、慢性化して「慢性中耳炎」になってしまう場合があります。耳だれを繰り返して鼓膜の穴が空いたままになってしまうこともあり、難聴や耳鳴り、めまいなどの症状が出ることも。さらに中耳の炎症が周りの骨まで壊して悪化する「真珠腫性(しんじゅしゅせい)中耳炎」という種類もあります。

中耳炎の治療方法とは?

まずは病院へ行く
中耳炎は、様子をみていて自然と治る病気ではありません。ここまでにお伝えしたような症状が気になる場合はすぐに病院や耳鼻科のクリニックを受診し、適切な検査や処置を受けることをおすすめします。

主な治療法
中耳炎と診断された場合、まずはウイルスや細菌による炎症を抑えるために、抗生物質が処方されることがほとんどです。またネブライザーという機器を使って、鼻から薬液を吸入する治療法もあります。症状が軽いうちに治療を受けると早く治まりますが、熱が下がったり痛みが消えたりしたからといって、途中で勝手に薬の服用をやめるのはご法度です。中耳の中に滲出液が溜まったままになっている場合は、急性中耳炎が滲出性中耳炎に移行することがあります。完全によくなっているかは必ず病院で確認しましょう。
ある程度の治療をしても症状が改善しないときには、薬を変更したり、膿を出すために鼓膜を切開したりする治療法もあります。滲出性中耳炎に対しては、鼻水を抑えるための治療をしたり、溜まった液を外に出すためにチューブを挿入したりすることもあります。

予防方法
中耳炎を予防するためには、まず鼻水が出てしまう原因や環境を作らないことが大切です。
体力や免疫力が低下しないように、普段からバランスの良い食事や十分な睡眠、運動などを意識することはもちろん、大人から赤ちゃんへ菌やウイルスをうつさないよう、手洗いうがいを心がけます。
ほこりなどのアレルゲンが鼻水のきっかけにならないよう、生活環境にも注意してあげましょう。空気が乾燥すると感染症にかかりやすくなるため、適度に換気をし、加湿器を使うなどして対策を。
中耳炎の原因にもなる肺炎球菌のワクチンを接種する、タバコの煙は避ける、母乳育児を続けるといったことも予防の一つです。
ミルクや母乳が耳管をとおって中耳に流れ込み、炎症を起こす可能性もあります。ミルクは赤ちゃんを寝かせたままで飲ませることはなるべく避け、忘れずにゲップをさせてあげましょう。
それでも鼻水が出るときには、家庭での対処としては、こまめに鼻水をとってあげることが大事です。

気をつけるべき点
中耳炎になってしまった場合は、なにより早期治療が肝心です。赤ちゃんの体調管理や環境づくりなど、日頃のケアを心がけつつ、気になる症状があるときは、早めに病院を受診しましょう。
中耳炎と診断された場合、種類によっては数ヶ月〜数年単位で治療が必要なこともあります。赤ちゃんにとってもママやパパにとっても非常に大変ですが、後遺症を残さないためにも、完治したと言われるまでは根気強く通院しましょう。

執筆者:座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師・タッチケアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

2018/12/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ