中耳炎

赤ちゃんの鼻水、放っておくと中耳炎になる?!受診の目安を教えてください!

乳幼児の鼻水はよくあることですし、普段通り元気でおっぱいもよく飲み機嫌がよければ、わざわざ病院を受診する必要はないと思うママは、大勢いらっしゃるかもしれませんね。しかし乳幼児期は、風邪を引くと中耳炎になりやすいと言われており、特に鼻水・鼻詰まりはひどくなる前に病院を受診した方がいいとの意見も。 乳幼児の鼻水の症状について、看護師さんや薬剤師さんに医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」で、病院を受診する目安をお伺いしました。

6カ月の赤ちゃんのママからの相談:「娘が鼻水を出していて、夜少し寝苦しそうです。鼻水を放置すると中耳炎になると聞いたのですが…。」

6カ月の赤ちゃんが鼻水の症状があり、機嫌は悪くないものの、夜少し寝苦しそうにしているとのこと。様子をみて改善されないようであれば、その時に病院を受診すればいいと思うのですが、中耳炎になってしまったらどうしよう…と、ママは悩んでいるようです。

6カ月の娘が少し鼻水を出しています。母乳もよく飲みご機嫌もいつも通りで、少し鼻がつまって眠りづらそうですが元気です。少し様子を見て、症状がひどくなったら病院に連れて行こうかと思いましたが、気になることが一つあります。 インターネットで調べると、乳児の鼻水は中耳炎になりやすいと書いてありました。どの位の割合で中耳炎になってしまうのか、そして中耳炎になりそうな時の見分け方があれば教えてほしいです。また乳児の鼻水で病院に行くときは、小児科と耳鼻科どちらがよいのでしょうか?

乳幼児は少しの鼻風邪でも中耳炎になりやすいですので、早めの受診を!

乳幼児は鼻から耳管までの距離が短いため、少しの鼻水でもすぐに中耳炎になってしまうことが多く、看護師さんたちは早めの受診を勧めています。

現在の症状は鼻詰まりですが、小さなお子さんは症状がひどくなってからだと、重症化してしまう可能性がありますので、早めに病院を受診するのがいいでしょう。(小児科看護師)
鼻水が長引くと中耳炎になりやすいので、自宅で鼻水を吸ってあげるのもよいです。鼻水吸引機は、簡易式から電動式まで色々とありますので試してみてください。(薬剤師)
6カ月だとまだお話ができないので、中耳炎になって耳が痛くなると、発熱、哺乳不良、不機嫌、耳をしきりに触るなどの症状がでてきます。(小児科看護師)
中耳炎になると、夜中に急に泣き出し発熱していることが多いようです。この場合、解熱剤を使用して一晩様子を見て、翌朝病院を受診すればいいでしょう。(薬剤師)
「どの位の割合で中耳炎になってしまうのか」という質問に対しては一概には言えませんが、保育園などに通う園児は、一度は中耳炎を経験するのではないでしょうか。(薬剤師)

熱や鼻水だけなら小児科、耳の痛みや耳垂れがある場合は耳鼻科の受診を!

熱や鼻水だけなら小児科でも問題ありませんが、子供がしきりに耳を触るなど耳を気にする様子が見られたら、耳鼻科を受診した方がいいかもしれません。お子さんの症状を観察して、適切に受診しましょう。

熱や鼻水だけなどの場合は小児科で良いと考えますが、耳を痛がったり耳垂れが出ている時は耳鼻科を受診して下さい。(看護師)
鼻水・鼻詰まりがあるとのことですので、小児科でもいいですが、耳鼻科の方が症状に応じた適切な処置をしてくれるため、早く治るでしょう。(小児科看護師)

乳幼児期は少しの鼻水でも、すぐに中耳炎になってしまう可能性が高いのですね。鼻水・鼻詰まりだけの症状だと、小児科か耳鼻科か迷ってしまいますが、鼻水を吸引してもらったり中耳炎になっていないかも診てくれるので、心配であれば耳鼻科を受診した方がいいかもしれませんね。


2014/07/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)