妊娠中期の腹痛 

2016/08/05

妊娠中期の悩みで多い腹痛、下痢の症状に要注意!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期の悩みで多い腹痛、下痢の症状に要注意!

妊娠中は普段の体調と異なり体に色々な症状が起こるため、妊婦さんは戸惑うことも多いでしょう。妊娠中期の悩みとしてよく挙げられるのが腹痛や下痢の症状です。原因や症状について詳しく説明していきます。

妊娠中に下痢の症状に悩む人は多い

妊娠中に起きる症状は色々です。妊娠初期から体は変化し、下痢や便秘といった症状が起こりやすくなります。特に、下痢は妊娠初期から起きやすい症状の一つです。

妊娠初期はつわりが起こるものですが、つわりが原因で下痢を起こす人もいます。

妊娠中期になるとさらにホルモンバランスが変化します。妊娠中に分泌が増えるプロゲステロンという黄体ホルモンは腸の働きを抑制する作用があり、腸を不安定な状況にさせます。そのため下痢が起きやすくなります。

また、妊娠中期に入ると、子宮がさらに大きくなることで靭帯が引っ張られて腹痛の症状が起こる人もいます。腹痛が起きると、子宮が大きくなったからだと思ってしまうかもしれませんが、腹痛の原因は体の変化ではなく下痢や便秘など腸環境による場合もあります。

原因は、自律神経の乱れやホルモンバランスの変化の場合が多いですが、妊娠中は食欲旺盛になることもあり、冷たい食べ物の食べ過ぎによる体の冷えなどが原因で下痢を招いてしまっていることも考えられます。

ひどい下痢になると注意が必要

妊娠中期に起こる下痢で、水に近い下痢が1日に何回も起こるようであれば少し注意が必要です。下痢の原因は、ウイルスや細菌の感染による可能性もあります。下痢だからといって流産の心配は少ないですが、早産を招く可能性があり、きちんと病院を受診して早めに対処することが大切です。

妊娠中、特に妊娠中期には下痢を招くような刺身、生野菜、ヨーグルトなどは控え、負担の少ないおかゆ、味噌汁を食べて下痢予防を心掛けると良いでしょう。

妊娠中期に起こる腹痛とは

先に紹介したように、妊娠中期には子宮の拡大による腹痛が起きる場合があります。この痛みは、不規則ですぐに収まったり、特定の箇所で起こる場合は危険性は少ないとされます。しかし、規則的に起きたり痛みが強い場合は、切迫早産の危険性もあるので注意が必要です。

また、腹痛は便秘が原因で起こることもあります。下腹部に痛みがあるようなら、便秘かもしれません。便秘の症状の後に下痢の症状が起こることもあります。

危険な痛みの場合は病院で診察を

妊娠中期に起こる腹痛の原因は下痢の場合もありますが、いつまでも痛み治まらなかったり、どこか変だと感じたらすぐに病院で診察を受けることをお勧めします。切迫早産だけでなく、常位胎盤早期剥離、子宮筋腫や、膀胱炎、尿路結石などの可能性も考えられます。

危険性の無い痛みの場合は、しっかりと休息を取り、お腹を冷やさないように気をつけることが大切です。お腹を温めることは腹痛だけでなく下痢の症状にも効果的です。

妊娠中期の症状として起きる腹痛や下痢の症状。どちらも早産を招いてしまう場合もあるので注意が必要ですが、心配のない場合も多いです。しっかり症状を見極めて、気になるようなら迷わず病院で診察することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加