妊娠初期症状

2016/08/08

妊娠超初期症状は妊娠してから何日目くらいででるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠超初期症状は妊娠してから何日目くらいででるの?

妊活において妊娠の確認には、生理予定日の1週間後の妊娠検査薬によるのが一般的ですが、妊娠超初期症状という妊娠初期の以前に見られる症状もあります。 超妊娠初期症状の特徴とそれが(受精・着床による)妊娠後何日目くらいから出てくるのかをご紹介します。

妊娠超初期症状とは

妊娠超初期症状は生理予定日の1週間前に始まるといわれており、性交後、受精・着床によって始まります。

人によって差がありますので何日目からとは決まっていませんが、着床後すぐに妊娠超初期症状を自覚する場合もあります。
妊娠超初期症状の自覚がある場合には、あらかじめ妊娠初期に向けての準備を行うと良いでしょう。

妊娠超初期症状の特徴

1:出血
受精卵が着床した時に起こる着床出血がみられることがあります。着床出血は2-3日で終了することが一般的ですが、人によっては1週間近く続く場合もあります。

2:胸の張り
生理前になると胸の張りを覚える人は多くいると思いますが、妊娠超初期症状として生理前より強い胸の張りを覚える場合があります。これは受精後の着床によって、女性ホルモンが増加することによって起きます。

3:腹痛
妊娠超初期症状として腹痛が出る場合があります。痛みの種類としては針に刺されているようなチクチクした痛みであるのが特徴です。

4:腰痛
腰痛が妊娠超初期症状として見られることもあります。これは受精・着床によって女性ホルモンの量が変化することが原因です。

5:頭痛
妊娠超初期症状として頭痛が起きることもあります。頭痛が続いてしまって吐き気を催すこともあります。

6:ニキビ
お肌にニキビや吹き出物が出てしまうことも特徴です。女性ホルモンの量の変化によって皮脂の分泌量が増加することが原因です。

7:味覚
女性ホルモンのバランスが変化することによって、食べ物の嗜好に変化が出ることがあります。今まで好きだったものが急に食べられなくなったり、その逆の場合もあるようです。

8:鼻水
妊娠超初期症状として鼻水に変化がでることがあります。

どろどろとした鼻水が多く出ます。これは妊娠によって、体内の水分の代謝が低下するためです。

9:便秘・下痢
便秘や下痢に襲われることが多くなります。また、妊娠によって子宮が膀胱を圧迫することによって、頻尿になる場合もあります。

10:おりもの
超妊娠初期症状としておりものに変化が出る場合があります。普段とちがうおりものである場合には妊娠の可能性を考えたらいいでしょう。

11:眠気、情緒不安定
大きな眠気に襲われてしまう場合もありますし、情緒不安定になってしまうこともあります。いずれも、女性ホルモンの量の変化が原因です。

妊娠超初期症状のチェックと基礎体温

妊娠超初期症状はすべての方に起こる症状ではありません。また何日目から確実にでると決まっている訳でもありません。

例えば、着床出血は100人に2人の割合であるともいわれています。妊娠検査薬の適用が有効であるのは妊娠後4週間以降ですので、それよりも早く妊娠の兆候を知るためには、妊娠超初期症状のチェックと合わせて基礎体温の測定を毎日行うのが良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加