妊娠中期の腹痛 

2016/08/12

妊娠中期の腹痛の原因や種類、対策

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期の腹痛の原因や種類、対策

妊娠中期に腹痛が起こる人は多いそうです。妊娠中期の腹痛の原因や種類、対策についてご紹介します。

妊娠中期の腹痛の原因って?

妊娠中に腹痛が起きると、お腹の中で何か異常が起きているのではないかと心配する人もいると思います。妊娠中期に腹痛が起きる原因はいくつか考えられますが、過度に心配する必要が無い場合がほとんどです。

主な原因としてまず考えられるのは、子宮が大きくなることで子宮を支えている靭帯が引っ張られることによる痛みです。

別な原因としては、便秘が原因のケースが考えられます。便秘は妊娠中によく起こる症状で、お腹が大きくなることで腸が圧迫されて起こります。

普通は心配のない痛みの場合が多いのですが、痛みがひどく激痛の場合や、痛みとともに出血がある場合は何か大きな原因隠れていることがあります。その場合は、一度病院で診てもらいましょう。

妊娠中期に起きる腹痛の危険度は痛み方で判断する

妊娠中期に起こる腹痛にはいくつか原因がありますが、注意を要する原因かそうでないかの判断は、痛み方である程度判断できます。

子宮が大きくなることが原因の痛みの場合は、不規則に痛むことが多いです。

便秘が原因による腹痛の場合は、便が詰まっている下腹部が重く張った状態になります。痛む箇所も局所的です。

痛みの範囲が広く、痛みも規則的な場合、注意を要する原因が潜んでいる可能性があります。例えば、ウイルスや細菌による感染が起きており、切迫早産を招く場合もあります。

妊娠中期に腹痛が起きたら?対策方法は?

一番大切なことは、体をなるべくリラックスさせて、無理せず休息をしっかり取ることです。日頃からストレスを貯めないように心掛けることも大切です。強いストレスを受けると子宮収縮が起こり、腹痛を招いてしまいます。

妊娠中期に便秘になって腹痛が起きている場合は、便秘の解消に努めることが大切です。便秘の解消には、水分と食物繊維の摂取が大切です。食事に気を付けて、便秘解消に効果的な食べ物を積極的に摂り入れましょう。

妊娠中期に起こる腹痛の原因や見分け方、対策についてご紹介しました。原因はいくつかありますが、過度に心配する必要はないようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加