妊娠中期のお腹の張り 

妊娠中期のお腹の張り。原因は何?

妊娠初期の辛いつわりの症状も影を潜めて、身体が安定する妊娠中期。体調も特に問題ないのに、お腹の張りを感じる人もいるようです。過度に心配する必要はありませんが、原因が気になる人もいると思います。今回は、おなかの張りの原因についてご紹介します。

妊娠中期に起こるお腹の張りとは?

お腹の張りは、妊娠中に起こりがちな症状です。妊娠初期からお腹の張りを感じる人もいますが、妊娠中期になってお腹の張りを感じる人もいます。

お腹の張りを感じるのは、体を動かしたり、立ち仕事を長時間行った場合に多くみられると言います。体を動かすことが原因で、お腹の張りを招くようです。

気になるお腹の張りの原因って?

妊娠中期のお腹の張りの大きな原因は、子宮が収縮することです。体を動かすことでお腹の張りを感じるのは、その動作によって子宮が収縮するからです。子宮の収縮運動は、生理的なものでもあるので、たいていの場合過度に心配をする必要はありません。

もう一つの原因としては、便秘も挙げられます。便秘で便が腸に蓄積されていると、お腹が堅くなり、張りが出てきます。便秘も妊娠中に起こりやすい症状の一つです。しっかり排便ができるように、適度な運動や食生活に気をつけましょう。

お腹の張りを感じたら?

まずは横になったり座ってしばらく安静にして、様子をみてください。少しずつ治まってくるでしょう。

しかし、安静にしても痛みが治らなかったり、痛みが続いたり、改善が見られない場合は、病気の可能性もあります。一度かかりつけの医院で診てもらって下さい。出血を伴う場合は早産や流産の可能性が高まり、特に危険ですので一刻も早い対処が必要です。

また、便秘が原因の場合は、食生活に気を付けましょう。食物繊維の豊富な食べ物を多く摂るように心掛けたり、1日に1.5リットル程度水分補給を行うと効果的です。

妊娠中期に起こるお腹の張りの原因は、体の自然的な生理現象や便秘などによる場合が多く、必要以上に心配する必要はありません。しかし、症状が続く場合や改善が見られない場合は危険な場合もあります。少しでも気になるようであれば、一度診てもらいましょう。


2016/08/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事