妊娠中期の生活

2016/08/09

妊娠中期の吐き気はどうして起こる?対処法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期の吐き気はどうして起こる?対処法は?

つらかったつわりがおさまって、安定してくる妊娠中期。しかし、人によっては吐き気に悩まされることもあります。今回は妊娠中期の吐き気がなぜ起こるのか、そして妊娠中期の吐き気にどう対処すればいいのかご紹介します。

大きくなった赤ちゃんが胃を押し上げる

妊娠中期にさしかかると少しずつ赤ちゃんが大きくなり、初期と比べてお腹がふくらみ始めます。
大きくなった子宮に押されて胃が上に押し上げられると、消化が妨げられてむかつきや吐き気が起こることがあります。赤ちゃんの大きさに対して母体が小柄な場合や多胎児の場合は、より胃が圧迫されやすいので、注意が必要です。
胃への負担を減らすため、できるだけ薄味で消化のよい食べ物を少しずつ食べるとよいでしょう。ただし小分けにすることで食べた量がわかりにくくなり、逆に食べ過ぎてしまう恐れもあります。妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を防ぐためにも、食べる量をきちんと把握しておくことが大切です。

ひどい便秘が原因で吐き気が起こることも

もともと便秘がちな人はもちろん、普段便秘とは無縁な人でも妊娠すると便秘になりやすくなります。先ほどご紹介したとおり大きくなった子宮が胃腸を圧迫するうえに、お腹が重くなって体を動かすのが億劫になるので、週数が進めば進むほど便秘になるリスクが高くなります。
便秘が悪化して老廃物が腸の中にたくさんたまると、胃の中の食べ物をスムーズに腸へ送れなくなって吐き気やむかつきが起こります。また、腸内の老廃物が腐敗して体内にガスがたまることも吐き気の一因となります。
便秘を予防するためには、普段から食物繊維をしっかり摂ることと、できるだけ体を動かすことが大切です。すでにひどい便秘になってしまった場合は、無理に食べるとますます吐き気がひどくなる恐れがあります。かかりつけの産婦人科で相談すれば、妊娠中でも使える便秘薬を処方してもらえることがあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えすぎると…

妊娠開始から胎盤が完成するまでの時期は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加します。プロゲステロンは妊娠維持に欠かせないものの、吐き気やむかつきなどの不快症状を引き起こすことがあり、妊娠初期に起こるつわりはプロゲステロンの増加が大きな原因と考えられます。
一般的に胎盤が完成するとプロゲステロンが胎盤へ移行し、次第に吐き気やむかつきがおさまります。しかし何らかの原因でプロゲステロンが増えすぎると、胎盤の完成後も吐き気がおさまらないことがあります。妊娠中期になってもずっとつわりが続いているなら、プロゲステロンが増えすぎているかもしれません。
ホルモンバランスをすぐに元に戻すのは難しいので、吐き気を抑えるツボ「内関(ないかん)」を試してみましょう。手のひら側の手首のシワから指3本分ほど下を、少し痛いと感じるくらい強めに指で押します。ツボ押し用のリストバンドを活用するのもおすすめです。


妊娠中期の吐き気には、いくつかの原因があります。しかし普段と違って安易に薬を使えないので、日ごろの食事・生活習慣に注意したりツボを押したりして上手に対処しましょう。吐き気そのものも辛いですが、吐き気が続くことでストレスをためるのも良くありません。不安なことがあったら、一人で抱え込まずにかかりつけの医師に相談してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加