妊娠中期のお腹の張り 

2016/08/09

妊娠中期に起こるお腹の張りと胎動について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期に起こるお腹の張りと胎動について

妊娠中には、体調面で色々な変化が起こります。お腹の張りが起きる人も多くいるのですが、妊娠中期に起こる場合は、胎動とも関係があります。妊娠中期に起こるお腹の張りと胎動についてご説明したいと思います。

妊娠中期に起こるお腹の張り

妊娠中によく起こるお腹の張りは、時期によって原因が異なります。妊娠初期にお腹の張りが起こる場合は、ホルモンの影響による腸の張りが原因と考えられます。また、妊娠すると子宮が大きくなっていくことで子宮を支えている靭帯が引っ張られ、お腹が張ることもあります。妊娠したばかりで体が出産へ向けて変化していることが原因ですので、大きな心配がない場合がほとんどです。

妊娠中期になってくると、子宮収縮が原因となるお腹の張りが起こります。子宮収縮は、妊娠によってお腹が大きくなることで起こる生理的な現象なので心配する必要はほとんどありません。お腹が大きくなるとお腹の張りを感じる機会も増えます。また、安定期に入る妊娠中期は、体を動かす機会も増えます。体を動かすことが原因で、お腹の張りを招いてしまうこともあります。胎動を感じるようになるのもこの時期です。

妊娠後期は、子宮がかなり大きくなることでお腹の張りを感じることがさらに多くなり、出産予定日に近づくほど回数も増えます。

お腹の張りと胎動

胎動は、お腹の中の胎児が動いて胎児の体が子宮に当たり、胎児の動きを感じることができる現象です。普通は妊娠20週、6カ月頃から感じられるようになると言われています。

妊娠中期のお腹の張りは、子宮収縮による生理的な現象です。出産時期も近づいてきて、子宮の活動も活性化してきます。さらに、胎動によって子宮収縮が起こり、お腹が張る場合もあります。胎動が大きいと胎児が心配になったり、母体そのものに負担がかかることもあります。しかし、胎動があるのは胎児は元気に育っているということなので、心配し過ぎる必要はありません。

お腹の張りを感じたら

お腹の張りを感じたら、無理せずに静かに過ごしましょう。横になったり、横になれない場合は椅子に座ってしばらく安静にすることで、症状が穏やかに治まるはずです。

お腹の張りの原因は血行不良による場合もあります。冷えに気を付けて、体を温かく保つことを心掛けることが大切です。

安静にして過ごしてもお腹の張りが良くならない場合や、規則的にお腹の張りを感じる場合、出血の症状もある場合は流産になる危険もあります。また、お腹の張りを胎動と勘違いしてしまうこともあります。ほとんどの場合は心配ないと言っても、痛みの状況によっては病院で診てもらうことをお勧めします。

妊娠中期に起こるお腹の張りと胎動は関係があります。胎動で子宮収縮が起こってお腹の張りを起こすこともありますし、お腹の張りを胎動と間違えてしまう場合もあります。お腹の張りは、心配のない場合が多いですが、痛み方によっては危険な場合もありますので、よく見極めて対処することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加