妊娠中期のお腹の張り 

2016/08/09

妊娠中期のお腹の張りとは一体どんな感じなの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期のお腹の張りとは一体どんな感じなの?

妊娠中にお腹の張りを感じたという声をよく聞きます。妊娠中期に感じるお腹の張りは、人によって感じ方も表現の仕方も異なります。しかし、「お腹の張り」というのはどんな感じなのかイマイチ分からない人も多いようです。お腹の張りとは一体どのような状態を表すのでしょうか?

妊娠中期のお腹の張りの原因とは?

妊娠中期だけでなく、妊娠期間中にお腹の張りの症状はよく出ます。お腹が張る原因は、子宮の筋肉が収縮することが挙げられます。この場合、母体が積極的に動くことで子宮の筋肉が刺激され収縮するため、お腹が張るといわれています。

また、妊娠中期になると、子宮が大きく膨らんでいく過程においてお腹が張ることもあります。子宮が大きくなると子宮を支える靭帯が引っ張られるのですが、この引っ張りをお腹の張りと感じるようです。

お腹の張りってどんな感じなの?

実際にお腹の張りを経験した人は、お腹が堅くなった感じがしたようです。堅さは石やスイカ、バレーボールのようとも言われ、人によって感じ方が異なります。
お腹の張りは、妊娠期間中によくある症状で、母体の体の変化が原因という場合がほとんどです。あまり深く心配する必要は無いでしょう。

妊娠中のお腹の張りの変化

お腹の張りは、時期に応じて張り方に少し違いがあるとも言われています。時期によってどう違うのか、比べてみましょう。

妊娠初期の場合は、まだ子宮もお腹も大きくなっていないので、お腹の張りを感じることはほとんど無いようです。お腹の張りというより、お腹が大きくなることへの違和感や痛みを感じることが多いようです。

妊娠中期になると、お腹の張りを感じるようになります。お腹が堅くなってきて、見た目にも触れてみても分かります。

妊娠後期は最もお腹の張りを感じる時期です。お腹は大きく堅くなり、妊娠初期や妊娠中期よりもさらにお腹の張りを感じる機会が増えてきます。

お腹の張りを感じたときは

妊娠中期にお腹の張りを感じたら、まずは安静な体勢になって体を休ませましょう。横になって休むのが最も良いですが、それが無理な状況であれば、椅子に座るだけでも構いません。しばらく安静にすると、症状は自然に落ち着いてくるでしょう。
しかし、休んでも症状が治まらない場合、またお腹の張りを感じる回数が多い場合、感覚が短い場合は流産や早産を招く危険があるため注意が必要です。お腹の張り感は自分にしか分かりません。もし違和感を感じたら、早めに病院で診察してもらいましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加