妊娠中期のお腹の張り 

2016/08/09

妊娠中期のお腹の張りは便秘が原因かも!?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期のお腹の張りは便秘が原因かも!?

妊娠中期にお腹の張りが気になる人は多いようです。お腹の張りにはいくつかの原因が考えられますが、その原因の一つには便秘も当てはまります。普段から便秘がちな人はもちろん気を付ける必要がありますが、妊娠中はその他の原因も出てくるので、便秘になりやすくなります。 今回は妊娠中期の便秘の原因と解消法についてご説明します。

妊娠中期のお腹の張りの主な原因

妊娠中期にお腹が張る原因として最も考えられるのは、子宮の収縮による場合です。子宮は筋肉でできており、収縮します。お腹が硬くカチカチに感じるのであれば、子宮の収縮が原因と考えられます。長時間体を動かしたり、同じ姿勢を取り続けたり、ストレスや疲れを感じている場合も子宮の筋肉は収縮しやすいと言われています。

便秘による妊娠中期のお腹の張り

妊娠すると子宮が大きくなり、腸が圧迫されることで腸に便が詰まってしまい、便秘を招いてしまいます。また、ホルモンバランスが変化することによって消化器官の蠕動運動が低下することでも便秘になります。
便秘によるお腹の張りと子宮の収縮によるお腹の張り。どちらが原因なのか分からないことも多いと言われています。普段から自分の排便状態を把握しておき、便通が悪いようなら便秘による張りかもしれません。便秘によるお腹の張りの場合は、お腹に痛みがありますが、カチカチと強い硬さを感じることはありません。

便秘によるお腹の張りを解消するには?

妊娠中期の便秘によるお腹の張りを解消する方法があります。一番は、食生活に配慮することが大切です。便秘の解消に効果的な食物繊維を含む食べ物を多く摂り入れることがお勧めです。

また、体が冷えるのも良くありません。お風呂に入ったらきちんと湯船に浸かったり、お腹部分を温かく保つように心がけると便秘の解消に効果的です。ストレスも便秘を招く原因になります。なるべくリラックスすることを心掛けて過ごしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加