妊娠中期の腹痛 

2016/08/10

妊娠中期にズキズキした腹痛が起こる!その原因とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠中期にズキズキした腹痛が起こる!その原因とは?

妊娠中期によく起こる症状の一つとして腹痛があります。腹痛といってもズキズキ、チクチク、キリキリなど、痛み方が色々あるようです。特に起こりやすいのがズキズキする痛み。その痛みの原因とは一体何なのでしょうか?

妊娠中期は体調が安定する時期

妊娠初期に起こるつわりの辛さを乗り越えて、体調がだんだん安定してくる安定期と呼ばれるのが妊娠中期です。安定期に入ると体も少しずつ動かせるようになってくるので、ヨガやピラティスといったスポーツを行うのにも適しており、この時期にスポーツを始める人も多いです。しかし、体調は安定しているのにもかかわらず子宮が大きくなることでお腹が大きくなってくるので、腹痛になることもあります。

妊娠中期に起こる腹痛の原因

妊娠初期にも下腹部にズキズキした痛みが起こることがありますが、それは子宮がだんだん大きくなってくることが原因です。また、妊娠中期にはさらにお腹が膨らんでくるので同じようにズキズキした腹痛が起こる場合があります。これも子宮が大きくなることが原因のようです。痛みが起こると心配になるかもしれませんが、きちんと妊娠が進行していることなので、心配し過ぎる必要はないでしょう。

もう一つの別な原因として、便秘による場合も考えられます。妊娠してお腹が大きくなることで胃の不調を招き、便秘の症状が起こる人も多いので、便秘にならないように食生活や運動に気を付けましょう。

上記に挙げた子宮の拡大や便秘が原因以外に、稀に切迫早産などの危険な状態を招く腹痛の場合があります。痛み方が子宮の左右どちらか片方側だったり、交互だったりする場合は安心できますが、同時に痛むなど痛みの範囲が広い場合や、痛みがひどい、痛みが続く場合は注意する必要があります。

妊娠中期に腹痛が起こった場合の対処法とは

妊娠中期にズキズキした腹痛が起こった場合、リラックスすることが大切です。具体的には、痛みがある方を下にして横になったり、座ってみたり、深呼吸することが効果的です。便秘気味の場合は、食物繊維を含んだバランスの良い食事を摂るように心掛け、便秘解消に努めることが大切です。

妊娠中期に起こるズキズキした腹痛は、大体は心配いらないと言われます。しかし、痛みがひどい場合や長く続く場合は病院に行き、受診することをお勧めします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加