冷え性

2016/08/25

右側の手足だけが特に冷える…何かの病気?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

右側の手足だけが特に冷える…何かの病気?

年代を問わず多くの人が悩む冷え性。今回の相談者は元々冷え性であることに加え、右の手足に特に冷えを感じるようになってきて、とても不安に思っているようです。この症状には冷え性以外の疾患が何か潜んでいるのでしょうか。

50代女性からの相談:「左よりも、右手右足の方がかなり冷たいです。」

私は元々冷え性でしたが、去年の冬あたりから右手右足の方が、左側よりもかなり冷たくなるようになりました。ストレッチをしたり半身浴や足湯をしても一時しのぎです。夜は右側だけ毛糸の靴下とレッグウォーマーを2枚重ねたり、手袋をしたりしないと、とても寒くて冷たくて寝られません。北国に住んでいるので冬は本当につらいです。片側だけ特に冷えることはよくあることなのでしょうか。何かの病気でしょうか。(50代 女性)

片側に特に冷えを感じる原因は?

専門家は、ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れが片側の冷えとなって表れることがあるといいます。また、肩こりや免疫力の低下からくる低体温が影響している可能性も指摘しています。

冷え性の他にホルモンや自律神経のバランスが崩れると、片側だけ冷えることがあります。右側の冷え性が出た時期にストレスや睡眠不足、食習慣の変化などはありませんでしたか?冷え性は体を流れる血液の流れが悪くなった状態です。指先や足先には毛細血管があり、血流が滞ると血液が上手く届かなくなり冷え性の症状を起こします。そのほか右肩が凝っていたりしても片側だけ冷えることがあります。(看護師)
運動や入浴でも一時しのぎでしたら、生活環境もありますが、低体温や内臓からくる冷え性かもしれません。冷え性の方は血流が悪くなっているので血管が収縮され、各臓器の働きが悪くなります。内臓が活発に活動する温度は37~38℃くらいで、この温度を保つためには体温が36.5℃程度が理想ですが、低体温の方は内臓の働きも鈍くなり内臓温度が1℃低下すると、基礎代謝が12~15%低下すると言われていますから、免疫力も低下してしまいます。(医師)

食習慣の改善やマッサージで血行を良くしましょう

冷えの主な原因は血行不良です。日々の生活ではできるだけ体を冷やさないように気をつけ、身体を温める食べ物を多目に摂ることを心掛けましょう。適度な運動やマッサージで新陳代謝を促すのも大切です。

普段の生活では、半身浴やストレッチは続けるようにしてください。涼しい・寒い場所に長時間いないようにすること、食べ物は根菜や生姜、ニラやネギ、香辛料を使ったものなど、体を温めるものを多めに摂るようにしてください。きゅうりなどウリ科の野菜、トマトやキャベツ、白砂糖、カフェインを含むものは体を冷やすと言われていますから、控えるようにしてください。体が冷えてきたと思ったら、マッサージやツボ押しで血行をよくしてください。(医師)
レッグウォーマーや半身浴は一時的に改善しますが、体の内から温めて新陳代謝を良くして血流を促さなければ冷え性は改善されません。(看護師)

冷え以外の症状はないか、細かくチェックを

もしも冷えに加えしびれている感覚があるのなら、糖尿病や血管の病気の疑いもあります。早めに専門医を受診しましょう。

また右側の冷えに伴いしびれなどの症状がある時は、病気の可能性も考えられますので内科や脳神経外科を受診して下さい。糖尿病は末梢神経にも影響するため、冷える症状が表われます。気になる時は医療機関を受診して、検査を受けることをおすすめします。(看護師)
片側だけ冷え性というのは、自律神経の乱れや片側だけ血流が悪くなっている場合、しびれを伴うようでしたら、脳や心臓の血管疾患が疑われます。心配でしたら一度、病院を受診した方がいいでしょう。(医師)

年齢とともに基礎代謝が下がり、免疫力が低下するのはある程度避けられないことです。それを食い止めるためには、食事や運動などの生活習慣を工夫し体を冷やさないよう気をつけることが重要です。冷え症改善もその延長線上にあるといえるでしょう。そして、気になることがあれば躊躇わず受診することをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加