冷え性

2016/08/24

産後ひどくなった冷え性…改善方法はありますか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後ひどくなった冷え性…改善方法はありますか?

出産後ますますひどくなる冷え性に悩まされているという相談者。服を何枚も着なければ眠れなかったり、手足の先が真っ白になる症状が出たりとかなり深刻です。改善方法を求めて、相談を寄せてくれました。

40代女性からの相談:「寒い時期になると手や足が真っ白に!」

出産をした後から冷え性がひどくなりました。特に寒い時期になると、手や足が冷たくなり眠れない時もあります。何枚も服を着て靴下も履いたまま寝たり、湯たんぽをしたり。色々と試してはいるのですが、なかなか改善されません。それから、寒い時期になると必ず出るのが、手と足の先が真っ白になる症状。最初は水を触ったりすると手が真っ白になり、感覚がなくなり痛かったのですが、ここ数年は外出中や温かい部屋の中でも症状が現れます。数分で元に戻りますが、頻繁にその様な状態になるのでちょっと心配です。何が原因なのかもわからず困っています。何か良い改善方法やアドバイスがあれば宜しくお願いします!(40代 女性)

原因は骨盤の歪みかもしれません

冷え性の原因は様々ですが、産後に起こる冷え性は骨盤の歪みや育児ストレスが原因の可能性があると専門家は指摘します。骨盤に歪みはないか整骨院などでチェックしてみるといいでしょう。

産後の冷え性は骨盤の歪みや、子育てによるストレスや睡眠不足による自律神経の乱れからくるものと考えられます。産後の骨盤矯正は行いましたか?行っていないのでしたら、整骨院などで矯正してもらったり、骨盤体操を行ってみたりしてください。座っている時も立っている時も、背筋を伸ばして、正しい姿勢を心がけてください。(医師)

体を内側から温め、血流の改善を図りましょう

体を温めるために服を重ね着したりカイロを使用することは誰もが行っていることと思います。しかし、それらの効果は一時的なもの。冷え性を根本的に改善していくためにはやはり、運動や食事、効果的な入浴方法などで内側から血流を促し、基礎代謝を上げていかなければなりません。医師や薬剤師と相談し、漢方薬の力を借りることも考えてみてください。

冷え性は、様々な原因で手足の血流が停滞することで起こると考えられています。外から身体を温めたり、保温することもある程度の効果はありますが、根本的な改善のためには、身体の中を温め、血流を改善して代謝を上げるために生活習慣を変える必要があります。まず下半身の筋肉を鍛え、足から心臓へ還る血流を増やすために歩く距離を増やしたり、スクワットなど簡単な運動を日常生活に取り入れましょう。(医師)
身体を冷やす食事を避け、食事や水分の取りすぎも、手足の血流を減らすためにやめましょう。ストレスによる自律神経のバランス悪化も血流低下の原因となります。またシャワーは避け、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにしましょう。漢方薬も効果があるとされていますので、専門医や薬局で相談なさるのもよいでしょう。(医師)
入浴時は湯船につかって、足や手のマッサージを行ってください。ツボ押しも効果があります。体を温めるには、手先や足を温めるのではなく、腰回りや首周りを温めた方が効果的です。(医師)

食べ物には特に注意が必要です。身体を温める食材と冷やす食材について知り、それに則った食事を心掛ければ、冷え性改善の近道になることは間違いありません。

食べ物はカフェインを含むもの、白砂糖、ナスやキュウリ、キャベツやトマトなど体を冷やす物は避け、根菜やネギ、生姜や香辛料の入ったもの(多すぎは胃腸を刺激しますからよくありません)を摂るようにしてください。外出時はカーディガンをはおったり、腹巻やヒートテックで冷え対策を行ってください。(医師)

年齢を重ねるにつれ基礎代謝は下がるものです。冷え性を改善するにはこの代謝を自らの力で上げていかなくてはいけません。ここで紹介した冷え性対策は、そのまま病気に負けない強い体を作ることに繋がっています。ぜひ、できることから実践してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加