出産一時金

2016/08/12

意外と簡単?協会けんぽへ出産一時金を申請する方法

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

意外と簡単?協会けんぽへ出産一時金を申請する方法

会社勤めをしている方や、会社勤めをしている方の扶養に入っている方が出産すると、協会けんぽへ出産一時金の申請をすることになります。協会けんぽには何をどのように申請すればよいのでしょうか。詳しく解説いたします。

1児につき42万円が支払われる出産一時金

出産一時金は健康保険に加入している方やその被扶養者が出産したときに、けんぽ協会へ申請することで1児あたり42万円(産科医療補償制度未加入の医療機関を利用した場合は40.4万円)が支払われる制度です。全国の平均出産費用が40万円程度なので、その多くを賄うことができます。けんぽ協会が用意している出産一時金の支給方法は、直接支払制度と受取代理制度の2つに分かれます。それぞれどのように申請すればよいのか詳しく見ていきましょう。

直接支払制度は医療機関窓口で手続きするだけ

出産一時金の直接支払制度とは、けんぽ協会から医療機関へ出産一時金を直接支払う支給方法です。利便性が高いので、現在では多くの医療機関が導入しています。直接支払制度の申請方法は、医療機関窓口で保険証を提示して「直接支払制度を利用する旨の代理契約に関する文書」を2通作成し、1通を受け取り保管しておくだけです。これにより、けんぽ協会から医療機関へ出産一時金が支払われます。

受取代理制度は自分でけんぽ協会に申請する

年間の分娩件数が100件以下などの条件に該当する医療機関では、直接支払制度にかかる事務的負担が大きくなるので受取代理制度が導入されています。受取代理制度とは、本人がけんぽ協会に申請してけんぽ協会から医療機関に出産一時金が支払われる制度です。申請方法は、「受取代理申請書」に医師から証明をもらい、出産予定日の2カ月前以降にけんぽ協会に事前申請をします。手続きをすることで、窓口で高額な出産費用を払う必要がなくなります。

出産費用が42万円を超えなかったときの手続き

出産一時金の支給額は42万円なので、出産費用がこれを超えた場合は医療機関の窓口で超過分を支払います。42万円を超えなかった場合は、出産一時金と実際にかかった出産費用の差額をけんぽ協会が被保険者に支払います。申請方法は、けんぽ協会に健康保険出産育児一時金差額申請書などを提出します。かかっていない費用が戻るので、申請を忘れないようにしましょう。

まとめ

健康保険に加入している方は、けんぽ協会から出産一時金を受け取ることができます。直接支払制度を利用する場合、医療機関の窓口で保険証を提出して「直接支払制度を利用する旨の代理契約に 関する文書」を作成します。受取代理制度を利用する場合、「受取代理申請書」に医師から証明をもらい出産予定日の2カ月前以降にけんぽ協会に提出します。わからない点がある方は、医療機関の窓口で相談するとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加