出産一時金

2016/08/12

出産育児一時金とはどのような制度?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産育児一時金とはどのような制度?

出産には入院費、分娩費など様々な費用が必要です。そんなとき頼りになるのが出産育児一時金です。出産育児一時金とはどのような制度なのでしょうか。支給される金額、支給の対象、申請方法など、気になるポイントについて詳しく解説いたします。出産を控えている方はチェックしてください。

出産育児一時金とは

出産にかかる費用は、一般的なケースで40万円程度といわれています。決して安い金額ではないので、不安を感じる方もいらっしゃいます。出産育児一時金は、赤ちゃん1人当たり42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関では40.4万円)を支給する制度です。出産にかかるほとんどの費用を賄えます。

出産育児一時金の対象は健康保険加入者

出産育児一時金の対象は健康保険に加入していて出産した人です。被扶養者も対象なので、配偶者や親が健康保険に加入している人も対象です。申請方法は、直接支払制度を導入している医療機関と受取代理制度を導入している医療機関で異なります。

直接支払制度は、医療機関の窓口で保険証を提示して「直接支払制度を利用する旨の代理契約に関する文書」を作成することで申請できます。受取代理制度は、「受取代理申請書」に医師の証明をもらい出産予定日の2カ月前以降に保険者に提出することで申請できます。どちらも医療機関に出産育児一時金が支払われるので、窓口でまとまった金額を払う必要がなくなります。出産費用が42万円を超えた場合は、超過分を窓口で支払います。42万円を下回る場合は、保険者に申請することで差額分の支払いが受けられます。

双子の場合はどうなる?その他の確認しておきたいポイント

次に、出産育児一時金の細かな点について説明いたします。例えば、双子を出産したときはどのような扱いになるのでしょうか。出産一時金で支給される金額は、赤ちゃん「1人あたり」42万円です。つまり、双子の場合は84万円、三つ子の場合は126万円が支払われます。

流産・死産、人工妊娠中絶の場合も妊娠4カ月目以降であれば、1人あたり42万円が支払われます。同様に、帝王切開分娩で健康保険が適応された場合も出産育児一時金が支払われます。

まとめ

出産育児一時金とは、健康保険加入者が出産したときに赤ちゃん1人あたり42万円が支払われる制度です。申請は医療機関の窓口などで行えます。死産・流産、人工妊娠中絶をした場合も対象になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加