冷え性

2016/08/22

0歳児のママ。夏でも手足が冷たいのはなぜ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

0歳児のママ。夏でも手足が冷たいのはなぜ?

女性は男性に比べ筋肉量が少ないために、冷え性に悩まされる方が多いようです。中には、夏でも身体が冷えて困るという重度の冷え性の方もいらっしゃいます。重度の冷え性の原因と改善方法を専門家にお聞きしました。

30代の女性からの相談:「1年中手足が冷えて困ります。根本的な改善策を教えてください」

冬は外気温も低いので、手足が冷たくなるのは何となく分かりますが、夏でも手足が冷たいので困っています。外気温が高い日は外にいても当然汗をかきますが、手足だけは氷水につけたように冷たいです。体温も元々低いのですが、1年中手足が冷たいのはどうしたら改善出来るのでしょうか?靴下を履くなど対策はしていますが、それでもあまり効果を実感することができないので、とても困っています。(30代・女性)

冷え性の原因は体質だけとは限らない!血圧や筋肉量のチェックもしてみよう

重度の冷え性だと思っていたら、血管の病気が隠れていることもあるようです。一度、医療機関を受診して、健康チェックをされてみることをおすすめします。

冷え性の多くは疾患によるものではなく、体質によるものであると考えられますが、重度の冷え性の場合、何らかの疾患がある場合もあります。もしかしたらかなりの低血圧ではありませんか?血圧が低すぎると手足などの末梢部分まで血液を充分に送り出せていない可能性があります。もしくは動脈硬化で血管が硬く細くなってしまって血液が循環しにくいこともあります。もし健康面・病気の面で思い当たることがあれば、病院に相談して検査を受けたほうがいいかもしれません。(看護師)
一般的に冷え性の方は血流が悪く、特に末端冷え性の方は、手足の先まで充分に血液が行き届かず、体は温かいのに手足だけが冷たいことがあります。また筋肉量が少ない方や自律神経の乱れなども原因になります。(医師)

冷え性体質改善のポイントは、身体を温めるセルフケアを継続すること!

体質は時間をかけて作られたものなので、改善するのにも時間をかけて取り組むことが必要です。こまめに足の血流を促す運動をしたり、食事メニューの改善もできるかもしれません。

夏でも冷えを感じるのであれば他の方よりもちょっと冷え性がひどいのかもしれませんね。冷え性は体質であることがほとんどなので、その体質を変えることはとても難しいことであり、体質を改善したとしてもそれ以降もその状態を維持していくために継続して努力しなければいけないと言われています。(看護師)
座っている時も足首を回したり、指を曲げたり伸ばしたりし、入浴中には湯船の中で、手足のマッサージやツボ押しをしましょう。湯船で身体を温めた後は、冷たいシャワーでふくらはぎを冷やし再び温めることを数回繰り返して、足の血流を促します。寝る前に軽い体操やストレッチを行うと血流と寝つきもよくなります。靴下は、締め付けないものを履きましょう。手足よりも、首や腰、手首など、大きな動脈が通る部分を温めます。(医師)
冷たい物や白砂糖、カフェインを含むもの、生野菜などは体を冷やしますから、これらの摂取は控えて体を温める根菜やニラ、ネギ、にんにく、生姜、香辛料の入ったものを摂るようにしてください。(医師)

重度の冷え性を改善するには、体質を改善する根気強い努力が必要です。身体を温める運動や食事の習慣を身につけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加