出産一時金

2016/08/12

出産育児一時金支給申請書の正しい手続きについて

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産育児一時金支給申請書の正しい手続きについて

出産育児一時金は自分で申請する必要があるため、手続きについて理解しておくことが必要です。申請には出産育児一時金支給申請書が必要になりますが、申請方法にはいくつかの条件があります。ここでは、そんな出産育児一時金支給申請書の正しい手続きをご紹介します。

出産育児一時金を受け取る3つの申請方法

出産育児一時金は子どもを出産すると、健康保険から1人当たり42万円の一時金が支給される制度です。健康保険や国民健康保険に加入している妊婦で、妊娠期間が4カ月以上で出産すると誰でも利用出来ます。出産育児一時金の受け取り方法には、現在三種類あり、本人が自由に選ぶことが出来ます。

一つ目は「産後申請方式」といって出産した後に規定の手続きを行ない、一時金が口座に振り込まれる方法です。この方法では出産時にあらかじめ費用全額を本人が立て替えておく必要があります。

二つ目は「直接支払制度」といって本人ではなく出産した病院へ健康保険から直接出産育児一時金が支払われる制度です。この方法は本人の費用立て替えが不要となり、42万円を超えた差額分のみ支払えば良いということになります。出産費用が42万円よりも少なかった場合は、差額を受け取ることも出来ます。

三つ目は「受取代理制度」といって本人が「私の代わりにこの病院へ一時金を支払ってください」と申請する方法です。「直接支払制度」の適用が困難な小規模の医療機関を中心に利用されています。

出産育児一時金支給申請書が必要なのは「産後申請方式」のみ

三種類ある出産育児一時金の申請方法ですが、それぞれ異なる手続きが必要です。3つの中で出産育児一時金支給申請書の記入と提出が必要になるのは、「産後申請方式」のみです。現在では本人の費用負担を減らすために直接支払制度が広く利用されているため、出産後出産育児一時金支給申請書を書かないケースも増えています。申請書を書かなかったからといって出産育児一時金がもらえないというわけでは無く、本人が自分の口座に一時金を受け取りたい場合に必要となるのが出産育児一時金支給申請書と覚えておきましょう。

出産育児一時金支給申請書の使い方

産後申請方式で出産育児一時金を受け取る場合は、事前に出産する病院へ申し出ておきましょう。直接支払制度が適用されている病院だった場合、産後申請方式を希望する時は直接支払制度を利用しない旨を記した合意書の作成が必要となります。一時金が指定口座へ振り込まれるまでに、以下の手順で手続きが必要となります。

1.出産前:出産する病院で「直接支払制度」を利用しない旨を伝え、合意書に記入する
2.退院時:病院の窓口でかかった費用の全額を支払う
3.退院後:出産育児一時金支給申請書・合意書・支払った費用の領収書を揃え加入している健康保険組合へ提出する
4.書類提出から2週間〜2カ月後:指定口座に出産育児一時金が振り込まれる

出産育児一時金支給申請書は加入している健康保険組合で用紙を受け取ることが出来ます。また、全国健康保険協会のホームページから用紙をダウンロードすることも出来ます。記入例を見ながら間違いの無いようしっかりと記入しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加