調査・アンケート

2016/08/16

取得実績は84%!「育児休業」についてアンケート

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

取得実績は84%!「育児休業」についてアンケート

サイトを利用している企業233社から回答

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社は人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』上でサイトを利用している企業を対象に「育児休業」についてアンケート調査を行い、233社から回答を得ました。

女性の取得実績があると回答した企業は84%

育児休業取得実績に関しては2013年に実施した同調査(81%)に比べ3ポイント増加、男性でも15%と前回調査(13%)より2ポイント増加という結果になりました。

企業規模別の取得実績を見ると、女性は100名以下で77%、101名以上では90%以上と企業規模問わず広く浸透してきていることがわかります。

男性に関しても、1~100名の企業は7%、501名以上の企業では35%という結果でした。

育休取得者には休業前に面談などの対策

その反面、多くの企業が、育児休業を取得させる上で休業する社員の代替要員の確保とコストに悩んでいるようです。

代替要員を確保しても、休業社員が復職した際に代替社員をどうするのか、代替人員と休業者のタイミングが難しいなど、他のスタッフの負担も含めて、大きな課題となっている様子。

企業としては「休業前・復帰前面談」、「休業中の定期的な情報提供」など、育児休業を取得した社員が復職しやすいような措置を講じて、復職をバックアップしているようです。

参考サイト

プレスリリース配信サービス@Press

エン人事のミカタ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加