肌トラブル

2016/08/26

繰り返すストレスニキビをなんとかしたい!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

繰り返すストレスニキビをなんとかしたい!

ニキビの悩みは大人になってもなかなか尽きないものです。特に、あご周辺に繰り返しできるニキビにほとほと困っている方も多いのではないでしょうか。原因に心当たりはあるものの、どうしようもなく…なんとかあごニキビとおさらばする方法はないものでしょうか。

30代女性からの相談:「繰り返すあごのニキビについて」

ここ1年、あごにばかり繰り返しニキビができて悩んでいます。あご以外にニキビができることはほとんどありません。よくあごにできるニキビの原因はストレスだと言われていますが、やはりストレスが主な原因なのでしょうか。生理前になるとニキビは増え、生理が終わると落ち着いてきますが、このような状況を毎月繰り返しています。ニキビができると人に見られるのが恥ずかしく、大変困っています。なかなかストレスを減らすことはできませんが、ニキビ対策があればぜひ教えてください。(30代 女性)

あごニキビの原因は様々です

相談者も実感しているとおり、生きている限りストレスと無縁でいることはできません。他にもホルモンバランスや心理状態など様々な要因が重なり、それがニキビとなって出てきてしまうわけです。ニキビができている箇所を気にして、つい触ってしまうのも悪化させる原因。できるだけ避けた方がよさそうです。

ストレスや睡眠不足、偏った食生活、また生理前はホルモンのバランスが崩れるので特にニキビができやすくなります。ニキビができると気になって触りたくなりますが、手指には雑菌が多く付着しているためニキビを悪化させてしまいます。人にニキビを見られるのが恥ずかしいと思う気持ちもストレスに繋がるので、できてしまったニキビは気にしないようにしましょう。(看護師)
ニキビは毛穴につまった皮脂にアクネ菌が繁殖し炎症を起こしてできますが、皮脂や汗の分泌が多い方、皮膚が不潔になりやすい方、ストレスや睡眠不足、女性は生理前後のホルモンの変化でニキビができやすくなります。生理前は女性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂の分泌も多くなります。(医師)

洗顔と保湿で清潔な肌を保ちましょう

洗顔も保湿もスキンケアの基本。皆さん日々行っていることと思いますが、見逃しがちなのがあご周辺の洗い方です。あごも額や頬同様しっかり洗うように気をつけましょう。洗顔後の保湿もしっかり行いましょう。

ニキビ対策には肌を清潔に保つことが重要です。髪の毛があごのラインにかかると刺激になるので髪をひとつに束ねて下さい。また低刺激で保湿力のある化粧水や洗顔料を選ぶようにしましょう。あごのラインは泡が残りやすいので、しっかりとすすぎましょう。泡が残っていると雑菌が繁殖してニキビが悪化することがあります。(看護師)
生理前だからとあきらめがちですが、少しでも悪化しないように普段のスキンケアを心がけてください。あごや額など、Tゾーン・Uゾーンと言われる部分は、特に皮脂の分泌が多いので、朝夕の洗顔はT、Uゾーンを中心に丁寧に行ってください。できれば殺菌作用があるものか、ニキビ専用の洗顔剤がいいでしょう。時間があれば、温かいタオルで毛穴を開かせてから洗顔するといいでしょう。洗ったあとは石鹸が残らないよう、充分にすすいでから保湿してください。皮脂の分泌が増える時期は、油分の少ないさっぱりタイプがいいと思います。ニキビができても無理に潰したり、不潔な手で触らないようにしてください。(医師)

生活習慣を改善しニキビに負けない肌を作ろう

ニキビ予防には洗顔や保湿など外からのケアも大事ですが、食べ物や睡眠などの生活習慣も大きく関わってきます。意識的に改善することで、少しずつ効果を実感できるでしょう。

食生活ではファストフードやスナック菓子、甘い物など脂肪分の多い食品は避けて、緑黄色野菜や果物など栄養バランスの良い食事を摂取するようにして下さい。睡眠不足は自律神経を乱してニキビの原因になるので規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。(看護師)
肌のターンオーバーを整えるために、睡眠をしっかりとって、ビタミンを多めにバランスのとれた食事を心がけてください。(医師)

たかがニキビ、されどニキビ。30代になっても繰り返すあごニキビはさっさと卒業したいものです。ここで紹介した予防法は、オーソドックスですが続ければ効果が期待できるものばかり。ぜひ毎日のケアに取り入れて、お肌の悩みを解消してくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加