おしっこ・うんち

2016/08/29

排尿回数が少なすぎる?あまりトイレに行かない娘

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

排尿回数が少なすぎる?あまりトイレに行かない娘

トイレは生理現象ですが、あまりにも回数が多すぎても少なすぎても心配なものです。子どもがあまりおしっこに行かないというのは、健康に関するなんらかの危険信号なのでしょうか。

ママからの相談:「子どものおしっこの回数について」

4歳の娘はあまりトイレに行きません。長い時は朝起きてから午後3時くらいまで行かないこともあります。水分もあまり取る方ではありませんし、おねしょしたことも漏らしたこともありません。私の母から「おしっこを出さないと腎臓に悪い」と言われて心配です。おしっこの回数と健康状態に関係はありますか。(30代・女性)

個人差がある排尿回数

大人でもよくおしっこに行く人とあまり行かない人がいますが、子どもも同じです。膀胱の発達具合や、生活習慣による個人差もありそうです。

おしっこに行く回数は子どもによって大きな差があります。我慢しすぎて漏らしてしまうというわけでもないようですから、あまり気になさる必要はないでしょう。(医師)
おしっこの間隔がずいぶん空いた後の、おしっこの状態はどのようなものでしょうか。しっかりと量が出ているのであれば、お子さんは膀胱の発達が早く、膀胱容量が多いために回数が少ないことも考えられます。(看護師)
うちの娘もおしっこの回数が少なく、おねしょをすることもないので心配していました。特にそれで体調を崩すこともないようですので、いつの間にか親である私たちも慣れてしまっています。(看護師)
夜中はいかがでしょうか。夕食後にあまり水分をとらないように心がけ、就寝する前にしっかりおしっこをして膀胱が空の状態にしておけば、夜間は代謝も低くなるので朝までおしっこに行かなくなるでしょう。(看護師)

こんな点に注意してあげましょう

排尿の量や回数には個人差があり、あまり心配する必要はなさそうですが、もしかしたら健康状態の危険信号ということもあり得るようです。以下のような点に注意してみましょう。

大切なのは、1日のトータルでおしっこがしっかり出ているかということです。きちんと量をはからないにしても、排尿時の音や時間で尿が出ているかどうかはある程度分かるはずです。その点を意識して観察してみてください。(看護師)
明らかに尿の色が濃くなっている、便秘に悩まされている問題が発生していないなら、水分摂取量にもある程度関係があるのだと思います。ご心配でしたら、一度小児科で検尿をなさってはいかがでしょうか。(医師)
尿量があまりに減ってしまうと腎臓に負担がかかったり、特に女児の場合は膀胱炎になりやすいこともあります。4歳ならやさしく説明してあげれば、十分理解することができると思います。これからの季節は汗をかく機会が多くなります。一口でも構いませんので、こまめな水分摂取を促してあげてください。(医師)

まずは、しっかり量が出ているか一度確かめてみることが大事です。普段から排便習慣や尿の色に変化がないか意識しておくことや、日常的にこまめな水分摂取を促してあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加