おりもの

忙しくなると、おりものが増える気がします。

おりものの量や質は、体質や生活習慣、排卵、病気など様々な要因に影響されます。忙しくなるとおりものの量が増えることに悩む女性からの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

相談:「この1年ほど、忙しくなるとおりものの量が増えますが、加齢によるものでしょうか?」

私の体質かもしれませんが、仕事や私生活が忙しくなるとおりものが増える気がします。多い日はおりものシートを使います。身体がストレスを感じたりして、おりものを余計に分泌しているのでしょうか。普段の生活は変わらない時でも、仕事が忙しくなると増えたりします。以前はそうでもありませんでしたが、ここ1年くらいでそのような症状になりました。これは加齢によるもので気にしなくてもいいのでしょうか?(20代、女性)

おりものシートで対処できる量なら問題ありません。

おりものは通常、排卵前後に量が増えます。ストレスや疲れもおりもの量に影響しますが、おりものシートで対処できる量であれば問題ありません。匂いが変化したり陰部にかゆみが出た場合は、婦人科を受診するようアドバイスがありました。

おりものは妊娠していなければ、女性ホルモンのエストロジェンの影響で排卵前後に量が増えますし、薄い出血を伴うこともあります。おりものシートで対応できる範囲であれば心配ありません。おりものシートは汚れたら取り替えて、陰部の清潔を保ちましょう。陰部におりものが付着していると、カンジタなどの感染の原因になります。(産科・婦人科看護師)
ストレスもホルモンのバランスに影響しますが、基礎体温をつけて、きちんと排卵があるか確認したほうがいいでしょう。できるだけ気分転換や趣味などでストレスをためないようにし、規則的な生活を心がけましょう。排卵に関わらず、おりものが増えるようでしたら婦人科を受診したほうが良いでしょう。(産科・婦人科看護師)
おりものには膣の中をきれいにする自浄作用と、排卵期に受精の手助けをする働きがあるため、排卵期におりものの量も増えます。20代は女性として成熟し、ホルモンも安定するのでおりものは比較的多いです。おりものの量には個人差があり、ストレスや疲れでも変化します。多い時には尿もれしたように感じる方も多いですが、目安としておりものシート内におさまる範囲であれば大丈夫です。(看護師)
おりものの匂いに変化があり、かゆみなどの症状がある場合には、一度婦人科を受診することをおすすめします。私生活や仕事が落ち着いている、普段のおりものの量と匂いを把握していてください。子宮がん検診などは受けていますか。内診を受けるのは勇気がいると思いますが、まだ検診を受けていない、受けてから2年以上経っている場合、おりものの量が多い時に一緒に受けてみても良いでしょう。(看護師)

一般的に、排卵前後にはおりものの量が多くなります。おりものが多くなった時に、おりものシートで対処できる量であれば問題ありません。ただし、匂いに変化があったり、かゆみを伴う場合は婦人科の受診をご検討ください。


2015/01/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)