食べられない

つわりで吐いて、赤ちゃんに栄養がいっているか心配…

妊娠すると多くのママがつわりを経験します。つわりの症状は人それぞれ個人差がありますが、ひどい吐き気に苦しむママも少なくありません。つわりのため頻繁に食べたものを戻してしまうママからの相談に、看護師さん達はどのように答えているでしょうか。

妊娠14週のママからの相談:「頻繁に食べたものを戻してしまい赤ちゃんに栄養がいっているか心配です」

妊娠14週です。つわりがひどく、1日に10回程吐き戻してしまう日もあります。_気分が悪くてたくさん水分を摂取するのですが、いきなり吐き気がして勢いよく戻してしまいます。あっさりしたものなら食べらますし、栄養を考えて食事をしていますが、こんなに戻していたら赤ちゃんに栄養がいっているか心配です。点滴を打ってもらったほうが良いのでしょうか。(20代、女性)

ママに蓄えられた栄養で赤ちゃんは育ちます

ママの身体に蓄えられた栄養で赤ちゃんは育つので、無理して食べなくても心配ありません。ただし、全く食事が摂れなくなった場合は医師に相談するようアドバイスがありました。

急激な体重減少がなければ、お母さんに蓄えられた栄養で赤ちゃんは育つので無理して食べる必要はありません。ストレスもつわりの原因といわれています。吐いても食べなければという思いはストレスになりますから、あまり神経質にならないようにしてください。動ける時は散歩で気分転換して、家事は無理せず、疲れたときや気分が悪い時は、すぐに休むようにしてください。辛い時は、点滴で水分、栄養補給することも必要です。(産科・婦人科看護師)
少しの栄養でもきちんと赤ちゃんには栄養が送られているので安心して大丈夫です。そのうち落ち着けば自然と体重も増えてきます。しばらくは体重が増えなくても、偏食による必要以上の体重増加になるよりはましだと思っていた方が安心です。ただし、つわりで全く食事がとれなくなった場合は、一度医師に相談する事をお勧めします。(看護師)

食事や水分は少しずつ分けて摂って

食事は食べやすいものを小分けにして、水分も少量を回数に分けて摂るようにします。食事や水分を摂りやすくする方法についてもアドバイスがありました。

食べられそうなあっさりしたもの、ゼリーやアイス、果物、豆腐やところてん、ソーメンやお蕎麦などを茹でて小分けし、冷凍しておくといつでも食べられます。また、食事にトマトやレモン、生姜や梅干しなどを加えると、食べやすくなります。1回に食べる量は少なめにして、小分けして食べるようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
水分の摂りすぎは吐き気を誘発しますから、少しずつ飲むようにしてください。水の代わりに冷やしたペパーミントティーを飲むと、口の中もさっぱりして気分も落ち着きます。また、凍らせた果物をミキサーでシャーベットにしたり、果物ジュースを水の代わりに飲んでもいいです。レモン水で氷を作っておき、水のかわりに口に含むと、水分も摂れて便利です。(産科・婦人科看護師)

つわりの時は、食事や水分を小分けにして摂取することがポイントです。また、食事が思うように摂れなくても、赤ちゃんはママの身体に蓄えられた栄養で育つので心配しなくて大丈夫。ただし、食事などが全く摂れない場合などは無理はせず、医師に相談すると良いでしょう。


2015/01/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)