トイレトレーニング

5年生の女児、数年前から続く尿漏れが治らない!

検査をしても、不調の原因がわからないと不安に感じるものです。尿漏れのため受診したところ、原因がわからず様子をみるよう言われたことが心配なママからの相談に、お医者さんと看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「数年前から尿漏れするように…、検査の結果様子をみるように言われました」

現在5年生の女の子は、2年生のころから着替えるときにプーンとアンモニア臭がします。パンツは少し茶色に汚れ、洗濯しても色が落ちません。4歳のころに腎臓の病気(ネフローゼ症候群)になり、退院後も数カ月に一度定期検診を受けています。残尿感やトイレの後立ち上がる時にピュッと出ることもあるので、泌尿器科を受診しましたが、特に尿が出きっていないなどの状態は見られず、おしりを清潔にして様子を見るよう言われました。 (40代・女性)

尿漏れの原因はさまざま

体質や生活習慣など、さまざまな尿漏れの原因について教えてくれました。

アンモニア臭がする黄色いシミでしたら、尿漏れと考えられます。茶色くなっているのも、時間の経過で変色したのでしょう。腎臓の病気をしたことも関係あるかもしれませんが、尿漏れの原因は、膀胱や尿道括約筋にあります。子どものうちは、膀胱の容量が少なく、長時間おしっこを溜めておくことができません。尿道括約筋も未熟なため、間に合わず漏らしてしまうのかもしれません。(消化器科医師)
最近は和式のトイレが少なくなったこと、外で遊ぶ機会が減り、筋力が発達しないこと、オムツの性能がよくなり、オムツを外す時期が遅れることや、尿漏れの感覚が鈍くなることで、尿漏れする子どもが増えていると言われています。また肥満体型の方は、くしゃみをしたときなど下半身に力を入れたときに、尿漏れする腹圧性尿漏れが起きやすいと言われています。(消化器科医師)

骨盤底筋を鍛えてみて

骨盤底筋を鍛えて、尿漏れを予防するための方法をアドバイスしてくれました。

お子さんにオムツを履かせるわけにはいきませんから、おしっこは我慢せず、なるべく早めにトイレに行くよう伝えてください。スクワットは無理でしょうから、しゃがんでお絵かきさせたり、あぐらをかかせたり、お行儀は悪いかもしれませんが、骨盤底筋を鍛える運動を試みてください。 (消化器科医師)

生殖器の病気の可能性も

かゆみの原因が、泌尿器ではなく生殖器にある可能性もあるようです。

生殖器関連の病気がかゆみに関与している可能性もあります。特に尿道口と膣口はかなり近い位置にあるので、おりものが付着した下着に雑菌が繁殖して尿道口から感染したということも考えらえます。前回とは別の原因も考えられるので、しばらく病院を受診していないのであれば、ぜひ受診を考えてみてください。(看護師)

体質的なものや病気の影響、生活習慣など、尿漏れの原因はさまざまです。尿漏れを予防するために、骨盤底筋を鍛えてもいいでしょう。生殖器の病気がかゆみの原因になることもあるので、しばらく受診していないのであれば、再度の受診もご検討ください。


2016/08/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)