出産一時金

2016/08/18

支給額がプラスされる出産育児一時金付加金って?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

支給額がプラスされる出産育児一時金付加金って?

出産の際には、分娩や入院などにより多くの費用がかかります。子どもが生まれたときには、出産育児一時金が支給されますが、更に出産一時金付加金と呼ばれる金額が加算される場合があります。今回は、出産育児一時金付加金について解説していきます。

出産育児一時金とは?

健康保険組合に加入している被保険者、もしくは被扶養者が出産した際に、加入している健康保険組合から出産育児一時金が支給されます。支給額は、産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合は42万円、加入していない医療機関で出産した場合は40万4,000円です。
これは1児あたりの金額ですので、双子を出産した場合は倍額が支給されます。
妊娠4カ月以降であれば早産、死産、人工妊娠中絶の場合でも支給されます。ただし、人工妊娠中絶に関しては、母体の健康を著しく害する恐れがあると医師が判断した場合でなければ出産育児一時金は給付されません。帝王切開につきましては出産育児一時金の給付対象になります。

出産育児一時金付加金とは?

出産育児一時金とは別に、健康保険組合が独自に給付しているものが出産育児一時金付加金です。そのため、健康保険組合によって出産育児一時金付加金の金額が異なります。更に、支給の条件も異なりますので予め確認しておくことが大切です。 また、被保険者が出産した場合は出産育児一時金付加金、被扶養者が出産した場合は家族出産育児一時金付加金と呼ばれます。両者では支給額が異なり、家族出産育児一時金付加金の方が低額であることが一般的です。

出産育児一時金付加金の受け取り方

出産育児一時金付加金は、出産育児一時金と共に支払われます。支払い方法としては、健康保険組合が直接医療機関に支払う「直接支払制度」、出産する医療機関を受け取り代理人と定め、医療機関に出産育児一時金の受け取りを委任する「受取代理支払制度」があります。
直接支払制度を利用し、出産費用よりも出産育児一時金及び出産育児一時金付加金の金額が高い場合は、窓口で費用を支払う必要はありません。出産育児一時金及び出産育児一時金付加金の満額から出産費用を差し引いた金額を健康保険組合の窓口で請求することができます。

<まとめ>
出産育児一時金付加金についてはご存知なかったという方が多いのではないでしょうか。
加入している健康保険組合により支給の条件が異なるので、予め確認しておくことをおすすめします。
支払い方法は、直接支払制度を利用した方が便利でしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加