出産一時金

これで完璧!出産育児一時金請求書による申請方法

出産育児一時金を受給するためには、出産育児一時金請求書やその他の必要書類を提出しなければなりません。個々により提出先が異なるので、併せて確認しておきましょう。ここでは、出産育児一時金請求書による申請方法について解説していきます。

そもそも出産育児一時金とは?

出産育児一時金とは加入している健康保険組合から42万円が支給される制度で、被保険者及び被扶養者が受けることができます。ただし、参加医療補償制度に加入していない医療機関で出産する場合は40万4,000円が支給されます。 出産育児一時金は申請しなければ受給することができないので、必ず申請方法を確認しておきましょう。 また、出産とは妊娠4カ月以降における自然分娩、死産、早産のことを指します。妊娠4カ月未満での流産に関しては支給の対象ではありません。

出産育児一時金の申請方法は?

出産育児一時金の受給申請をするためには、次のものが必要です。

(1)出産育児一時金請求書

(2)印鑑

(3)振込先口座

(4)出生を証明するもの(母子手帳の出生届出済証明など)

振込先口座と印鑑は、出産育児一時金請求書への記入及び押印のために用意します。出産育児一時金請求書は、加入している健康保険組合のホームページから印刷できる場合があります。印刷できない場合は直接健康保険組合に郵送を依頼するか、被保険者の勤務先を通して申請しましょう。

出産育児一時金の申請先は?

出産育児一時金請求書の提出先は、加入している健康保険組合です。直接、健康保険組合の窓口に持参するか郵送します。被保険者の勤務先に提出するよう指示される場合は、その指示に従うとよいでしょう。 申請期限は出産した翌日から2年間です。期限が長いために放置し、いつの間にか期限が過ぎていたということにならないよう、できるだけ早めに申請することをおすすめします。 また、1年以上勤務した企業から退職して6カ月以内に出産した場合は、退職前に加入していた健康保険組合から出産育児一時金を受給できます。退職までに出産育児一時金請求書を受け取っておき、必要事項を記入して提出しましょう。

<まとめ>
出産育児一時金を受け取るためには、出産育児一時金請求書を提出しなければなりません。1年以上勤めており退社から6カ月以内に出産した場合は、勤務していた企業の健康保険組合から出産育児一時金を受け取れます。このように、出産育児一時金の申請の流れは個々で異なるので、予め確認しておきましょう。


2016/08/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部