育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

育児休業給付金支給申請書は、2カ月に1回忘れずに提出を!

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

育児休業給付金支給申請書は、2カ月に1回忘れずに提出を!

一定の条件を満たした雇用保険加入者が育児休業を取得すると、育児休業給付金を受給できます。継続して給付金を受け取るためには、2カ月ごとに育児休業給付金支給申請書を提出する必要があるので、忘れずに確認しておきましょう。

まずは、育児休業給付金についてきちんと知りましょう

赤ちゃんが生まれたら、雇用保険に加入しているパパ・ママは赤ちゃんが満1歳になるまで育児休業を取得することができます。(配偶者の病気・死亡や保育所の入所待ちなど特殊な事情がある場合は、1歳6カ月まで取得可能)
育児休業中は働けない分、雇用保険から育児休業給付金を受給できます。育児休業給付金の金額は、育児休業開始から(産休開始からではないので注意しましょう)180日目までは月給の67%、181日目以降からは月給の50%となります。継続して受け取るためには、通常2カ月ごとに育児休業給付金支給申請書を提出する必要があります。

育児休業給付金を受給するための条件

以下の条件全てにあてはまる人が、育児休業給付金の支給対象者となります。

・雇用保険に加入しており、子どもの養育のために育児休業を取得した母親もしくは父親
・育児休業に入るまでの2年間のうちに11日以上労働した月が12カ月以上ある(パート・アルバイトなど期間雇用者の場合は、育児休業に入るまでに1年以上継続して雇用されている)
・育児休業中の給与が通常時の80%以下
・育児休業終了後に退職する予定がない(育児休業終了~子どもが満2歳になるまでの間に雇用期間が満了し、かつ労働契約の更新がないことが明らかな有期雇用者を除く)

育児休業給付金受給手続きの流れ

育児休業に入る際、勤務先から育児休業給付受給資格確認票と育児休業給付金支給申請書(初回分)を受け取ります。必要事項を記入してから振込口座のある金融機関で確認印をもらい、勤務先に提出しましょう。初回の申請期限は、育児休業開始日から4カ月後の月末までとなります。
勤務先の担当者が管轄のハローワークに申請手続きを行い、しばらくすると給付金が口座に振り込まれます。状況によっては、申請後数カ月経たないと振り込まれないこともあるので注意しましょう。

2回目以降の申請はどうする?
2回目以降は、多くの場合2カ月に1回申請する必要があります。
通常は初回申請時に2回目の育児休業給付金支給申請書を受け取るので、定められた日までに必要事項を記入して勤務先の担当窓口に提出しましょう。

自分で申請手続きを行うときはどうする?
勤務先が小さい会社などの場合、勤務先経由ではなく自分自身で受給手続きをしなければならないことがあります。申請先は自宅の住所ではなく勤務先のある住所を担当するハローワークになるので、間違えないようにしましょう。
育児休業給付金支給申請書のほかに添付書類(賃金台帳・出勤簿など)を勤務先で準備してもらう必要があるので、あらかじめ勤務先の担当者に確認しましょう。

赤ちゃんが生まれるとママは育児で心身ともに大変になりますが、育児休業給付金支給申請書をきちんと提出することで経済的サポートを受けることができます。近年ではママだけでなくパパの育児休業取得も少しずつ増えているので、育児休業給付金制度を最大限に活用しつつ家族みんなで育児に取り組んでいけるといいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加