育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

あなたはいくらもらえる?育児休業給付金の計算方法

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

あなたはいくらもらえる?育児休業給付金の計算方法

育児休業中の生活を経済的にサポートするために、育児休業給付金が支給されます。今回は、休業前の賃金月額に応じた育児休業給付金の計算方法についてご紹介します。育児休業取得前の収入によって育児休業給付金の受給額が変わってくるので、あらかじめ計算してみましょう。

基本的な育児休業給付金の計算方法

まずは、賃金月額を算出しましょう。育児休業および産前産後休業開始前(男性の場合は育児休業開始前)6カ月分の合計額を180で割って賃金日額を計算し、そこに30をかけた金額が賃金月額です。
育児休業開始日から180日目までは賃金月額の67%が支給され、181日目からは賃金月額の50%を受け取ることができます。

□育児休業給付金は非課税
育児休業給付金は非課税なので税金を引かれずに全額受け取ることができますし、翌年の住民税にも反映されません。また、育児休業中に給与を受け取らない場合は育児休業給付金に対して所得税がかかりません。

状況によっては、育児休業給付金の支給額が下がることも

育児休業給付金の支給額には上限が定められており、育児休業開始から180日以下(賃金月額の67%)なら285,420円、それ以降(賃金月額の50%)なら213,000円となります。給料が多い・年俸制などで賃金月額が426,000円以上になる人は、支給額が賃金月額の67%(50%)を下回ることがあるので、勤務先で確認しましょう。
毎年8月に育児休業給付金額の見直しが行われるため、今後上限額が変わる可能性があります。

育児休業中に給料がもらえる場合
育児休業中も賃金月額の80%以上の給与がもらえる場合、育児休業給付金を受給することはできません。
育児休業中に賃金月額の13%(育児休業開始から181日以上なら30%)を超え80%未満の給与がもらえる場合、賃金月額の80%に相当する額と給与の差額分を育児休業給付金として受給できます。

可能であれば、夫婦で交代に育児休業を取るのもおすすめ

近年、育児休業取得に前向きなパパが増えています。ママが産休後に引き続いて育児休業を6カ月取得し、その後にパパが育児休業を6カ月取得すれば、12カ月間はそれぞれ最大67%の育児休業給付金を受給できる計算になります。交代で育児休業を取ることでパパもじっくり育児に携われますし、経済的な不安も少なくなるでしょう。 勤務先によってはまだまだ男性の育児休業取得が難しいところもあります。またママの体調によっては6カ月で復帰するのが難しい場合もあるので、お互いに無理のない範囲で検討するとよいでしょう。

収入が多い場合や育児休業中も給与をもらえる場合は受給額が少なくなることがあるので、注意してください。 近年は、育児休業取得に前向きな男性が増えています。新米パパの皆さんは、育児休業給付金を受け取りながら赤ちゃんとじっくり向き合ってみてはいかがでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加